人手ひとで不足ぶそく対応たいおうするため企業きぎょうあいだでは、人工じんこう知能ちのう活用かつようしたシステムで社員しゃいん経歴けいれきなどを分析ぶんせきし、適切てきせつ社員しゃいん配置はいちして、生産性せいさんせい向上こうじょうはかろうといううごきがています。


このうち半導体はんどうたい製造せいぞう装置そうち国内こくない最大手さいおおての「東京とうきょうエレクトロンえれくとろん」は、国内こくない海外かいがいにいる全社員ぜんしゃいん、およそ1まん2000にん経歴けいれき語学力ごがくりょくなどをデータでーたしたうえで、人工じんこう知能ちのう活用かつようして分析ぶんせきするシステムを導入どうにゅうしました。

このシステムは、社内しゃない部署ぶしょごとに仕事量しごとりょうおうじて要員数よういんすう算出さんしゅつしたうえで、人事じんじデータの分析ぶんせき結果けっかもと配属はいぞくすべき社員しゃいんをリストアップできるということです。システムは、アメリカ企業きぎょう開発かいはつし、ほかの日本にっぽん企業きぎょうでも導入どうにゅうされているということで、この会社かいしゃではシステムを活用かつようして、従来じゅうらい年功序列ねんこうじょれつがた人事じんじ制度せいど見直みなおしなどをすすめていくとしています。

東京とうきょうエレクトロンえれくとろん土井どい信人のぶひと人事部じんじぶちょうは、「日本型にほんがた仕組しくみをやめることに抵抗感ていこうかんもあったが、社員しゃいん生産性せいさんせい向上こうじょうにつながっている」とはなしています。

こうしたシステムは、アメリカで導入どうにゅうすすんでいて、先週せんしゅう東京都内とうきょうとない人事じんじ担当者たんとうしゃ対象たいしょうひらかれた会合かいごうでは、アメリカ企業きぎょう担当者たんとうしゃが、「離職りしょくなどのリスクも低下ていかさせられる」として、みをはかっていました。

国内こくないでの導入どうにゅう拡大かくだいにあたっては、データにあらわれない業務ぎょうむをどう評価ひょうかするかやシステムの分析ぶんせき結果けっかひとった評価ひょうかとをどうわせて、あらたな制度せいどつくるかなどが課題かだいになるということです。

人手ひとで不足ぶそく深刻化しんこくかで、生産性せいさんせい向上こうじょう日本にっぽん企業きぎょうにとって重要じゅうようになるなか今後こんごこうしたシステムの活用かつようひろがるかが注目ちゅうもくされそうです。

イージー・ニュース

AIが社員しゃいんのデータを調しらべて仕事しごとったひとえら