世界せかい各地かくちから防災ぼうさい専門家せんもんか行政ぎょうせい担当者たんとうしゃなどが参加さんかして、最新さいしん研究成果けんきゅうせいかみを報告ほうこくする「世界せかい防災ぼうさいフォーラム」が仙台市せんだいしはじまりました。


世界せかい防災ぼうさいフォーラムは、これまでスイスのダボスではだかれてきましたが、おととし仙台市せんだいしひらかれた国連こくれん防災ぼうさい会議かいぎをきっかけに、震災しんさい教訓きょうくん世界せかいひろめようと2ねん一度いちど仙台せんだいひらくことになり、今回こんかいは40以上いじょうくに地域ちいきから900人以上にんいじょう参加さんかします。

26にち午前中ごぜんちゅう開会式かいかいしきおこなわれ、内閣府ないかくふ小此木おこのぎ防災ぼうさい担当たんとう大臣だいじんが「震災しんさいからまもなく7ねんとなるが、自助じじょ共助きょうじょへの意識いしきをさらにたかめていくことが大切たいせつなテーマとなっている。震災しんさい被害ひがいった東北とうほくつどい、たがいにまなびあって全員ぜんいん防災ぼうさいそなえる気持きもちをたかめていきたい」と開会かいかい宣言せんげんしました。

このあと、国連こくれん防災ぼうさい戦略せんりゃく担当者たんとうしゃ大学だいがく津波つなみ研究者けんきゅうしゃなどが「大規模だいきぼ災害さいがいそなえる連携れんけい」というテーマでパネルディスカッションをおこない、震災しんさい経験者けいけんしゃからくに防災ぼうさい担当者たんとうしゃまでさまざまなひとたちが、知識ちしき経験けいけん共有きょうゆうすることで防災ぼうさい基盤きばんととのえていくことが重要じゅうようだといった意見いけんされていました。

フォーラムは28にちまでにおよそ50の会合かいごうひらかれ、インターネットのみをもとにAI=人工じんこう知能ちのう使つかって被災地ひさいち必要ひつよう物資ぶっし分析ぶんせきするみや、東日本ひがしにほん大震災だいしんさい被災地ひさいち復興ふっこうけた対策たいさく、それに地域ちいき防災ぼうさいにな人材じんざい育成いくせいなどについて、研究成果けんきゅうせいかみが報告ほうこくされます。


高校生こうこうせい防災ぼうさい教育きょういく地域ちいき活動かつどう発表はっぴょう

26にちからはじまった世界せかい防災ぼうさいフォーラムの関連かんれんイベントでは、東日本ひがしにほん大震災だいしんさいでおよそ200にん犠牲ぎせいとなるなど、おおきな被害ひがいけた宮城県みやぎけん多賀城市たがじょうしにある多賀城たがじょう高校こうこう生徒せいとたちが、これまでんできた防災ぼうさい教育きょういく地域ちいきでの活動かつどうについて発表はっぴょうしました。

多賀城たがじょう高校こうこうでは、被災ひさい記憶きおく後世こうせいのこしていこうと防災ぼうさい教育きょういくちかられていて、おととしひらかれた国連こくれん防災ぼうさい世界せかい会議かいぎでも、被災地ひさいち代表だいひょうとして当時とうじ生徒せいと防災ぼうさい減災げんさい大切たいせつさをうったえました。

去年きょねん地域ちいき防災ぼうさいリーダーをそだてようと「災害さいがい科学科かがくか」を設置せっちし、たとえば、災害時さいがいじみずすくないなかで、最低限さいていげんみず洗剤せんざいふくあら方法ほうほうなどをふだんの授業じゅぎょうなかまなんでいます。

26にち世界せかい防災ぼうさいフォーラムにわせてひらかれたもよおし、「ぼうさいこくたい」の会合かいごう会場かいじょうもうけられたブースで、これまでの活動かつどうについて発表はっぴょうしました。

このなかでは、地域ちいきひとたちが津波つなみのことをわすれないよう、生徒せいとたちがなみたかさをしめす「波高はこう標識ひょうしき」を地域ちいき設置せっちしてきたことや、震災しんさいから6年以上ねんいじょう経過けいか津波つなみ痕跡こんせきがなくなってきたことから、当時とうじ被害ひがい状況じょうきょう被災者ひさいしゃいてまわったはなしつたえ、おとずれたひとたちは生徒せいとたちに質問しつもんかえしてくわしいはなしいていました。

生徒せいとたちは世界せかい防災ぼうさいフォーラムの27にち会合かいごうでも、海外かいがい教育きょういく専門家せんもんかなどにこうした発表はっぴょうおこな予定よていで、生徒せいと会長かいちょうの3年生ねんせい木村きむら千恵ちえさんは「減災げんさい防災ぼうさいについてかんがえる機会きかいになったとおとずれたひとたちから感想かんそういただきました。わたしたちの活動かつどうがそれぞれのくに防災ぼうさい教育きょういく発展はってんさせる参考さんこうになればいいなとおもいます」とはなしていました。

イージー・ニュース

世界せかいひとあつまって災害さいがいについてかんがえる会議かいぎはじまる