日本にっぽん独自どくじの“カワイイ”ファッションをイスラムいすらむ教徒きょうと女性じょせいたちにたのしんでもらおうと、かみはだ露出ろしゅつけるためにく「ヒジャブ」とばれるスカーフを独自どくじにデザインしたファッションショーが21にち東京とうきょう浅草あさくさひらかれました。


「Kawaii Hijabi Collection」と名付なづけられたこのショーは、イスラム文化ぶんかについてってもらうとともに、日本にっぽんのファッションブランドに海外かいがいへの販路はんろひろげる機会きかいにしてもらおうと今回こんかいはじめてひらかれました。

モデルがまとうのは、日本にっぽんのブランドなど10しゃ制作せいさくしたヒジャブで、カワイイファッションのなかでも、とく少女しょうじょのあどけなさやかわいらしさを表現ひょうげんした「ロリータ」テイストでデザインされています。

パステルカラーの生地きじにフリルやはなかざりをつけたヒジャブのほか、着物きものやはかまなど日本にっぽんならではのイメージをわせたヒジャブもあり、マレーシアやインドネシアからまねかれた女性じょせいたちが興味深きょうみぶかそうに写真しゃしんっていました。

マレーシアの女性じょせいは「カワイイコンセプトが全面ぜんめんていてすばらしいです」とはなしていました。
インドネシアの女性じょせいは「ヒジャブから前髪まえがみてしまって戒律かいりつ沿わないものもあったが、ムスリムのことを理解りかいしようというコンセプトはすばらしい」とはなしていました。

日本にっぽんのポップカルチャーを海外かいがい紹介しょうかいする会社かいしゃで、今回こんかいのショーを企画きかくした山本やまもとあい佑子ゆうこさんは「ロリータファッションは、海外かいがいにもファンがえていてぜひムスリムのひとたちにもたのしんでほしい。いただいた意見いけん今後こんごかしていきたい」とはなしていました。


日本にっぽんブランドのねらいは?

このファッションショーがひらかれた背景はいけいひとつには、若者わかもの人口じんこう減少げんしょう直面ちょくめんする業界ぎょうかいのこりをかけた海外かいがい戦略せんりゃくがありました。

今回こんかい、ショーに参加さんかはじめてヒジャブの制作せいさく挑戦ちょうせんした東京とうきょう世田谷区せたがやく会社かいしゃは、国産こくさんのシルクなどを使つかったウェディングドレスやロリータファッションのドレスをがけています。

会社かいしゃによりますと、ロリータファッションきの国内こくない若者わかものっていますが、一方いっぽうで、外国人がいこくじん観光客かんこうきゃくからのいもおおいということで、今回こんかいのショーも、ムスリムの女性じょせいたちに販路はんろひろげる機会きかいにしたいと参加さんかめました。

ショーにけては、フリルをんだりリボンをつけたりしたロリータテイストのヒジャブおよそ30種類しゅるい手作てづくりして、ショーにのぞみました。

会社かいしゃ代表だいひょうでデザイナーの徳嶺とくみね裕子ゆうこさんは「国内こくない市場しじょう縮小しゅくしょうかなしいですが、海外かいがい需要じゅようびています。世界せかいかべだけではなく宗教しゅうきょうかべえて
たのしんでほしい」とはなしていました。


現地げんちデザイナーも来日らいにち

<ruby>現地<rt data-ruby-level=げんちデザイナーも来日らいにち" />

今回こんかいのショーがひらかれたもうひとつの背景はいけいには、東南とうなんアジアのムスリムたちのあいだでヒジャブをファッションとしてたのしむ傾向けいこうひろまっていることがあります。

今回こんかいのショーを開催かいさいするにあたっては、インドネシアやマレーシアでファッションやデザインをまなぶ10だいから30だい若者わかものまねかれました。

このうちインドネシアじんのエルシャ・クルニア・レスタリさん(30)と、アニータ・ユニ・ホリラさん(29)は、来日らいにちした初日しょにちにカワイイファッションの発信地はっしんち原宿はらじゅくおとずれました。

ヒジャブは、最近さいきん宗教上しゅうきょうじょう理由りゆうだけでなくファッションとしてたのしむために着用ちゃくようする傾向けいこうひろまっているということで、いたよそおいがきなエルシャさんはうすいグレーのヒジャブをマフラーのようにき、アニータさんは、大好だいすきなパステルカラーのヒジャブをけていました。

にんは、原宿はらじゅく竹下通たけしたどおりでヒジャブにつけられそうなカラフルな髪留かみどめやアクセサリーをつけては、記念きねん写真しゃしんっていました。
エルシャさんは「原宿はらじゅくにはかわいいのなかにもさまざまなファッションアイテムがそろっていて、とても刺激しげきをもらっています。つぎのアイデアにかしたい」とはなしていました。

また、2にんは21にちおこなわれたファッションショーで、みずからデザインしたヒジャブも披露ひろうしました。
このうちエルシャさんは、足元あしもとまでながながれるようなあわ黄色きいろのヒジャブを披露ひろうしたほか、アニータさんはドラゴンフルーツのかわ使つかって上品じょうひんなベージュやピンクにめたヒジャブを紹介しょうかいしました。

ショーのあとには、ヒジャブを制作せいさくした徳嶺とくみねさんなど日本にっぽんのデザイナーとも交流こうりゅうし、ったヒジャブについてわせていました。

アニータさんは、「日本にっぽんのヒジャブはかわいらしくて女性的じょせいてきたことがなくてとても興奮こうふんしました。フリルや色合いろあいは自分じぶんのデザインにもぜひれていきたい」とはなしていました。

イージー・ニュース

イスラムいすらむきょう女性じょせいに「カワイイ」デザインのスカーフを紹介しょうかいする