高齢者こうれいしゃらしサポートするAIマンション公開こうかい 横浜よこはま

2017ねん11がつ22にち 1843ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

ちょう高齢こうれい社会しゃかいなかで、AI=人工じんこう知能ちのうなどの最新さいしん技術ぎじゅつ駆使くしして、高齢者こうれいしゃらしをサポートするマンションが横浜市よこはまし建設けんせつされ、22にち公開こうかいされました。

横浜市よこはまし住宅じゅうたく供給きょうきゅう公社こうしゃ市内しない建設けんせつしたこのマンションは通信つうしん大手おおてのソフトバンクやネット通販つうはん大手おおてのアマゾンなどが参加さんかし、199すべてにAI=人工じんこう知能ちのうれたさい新技術しんぎじゅつそなえています。

各部屋かくへやには、AIスピーカーが設置せっちされ、こえ指示しじすることで照明しょうめいやエアコンなどの家電かでん操作そうさができます。また、人工じんこう知能ちのうが1びょうごとに電力でんりょく使用状況しようじょうきょうのデータを蓄積ちくせきして分析ぶんせきし、炊飯器すいはんき洗濯機せんたくき使つかわれているかなど、入居にゅうきょしているひと生活せいかつをきめこまかく把握はあくします。

この情報じょうほうは、スマートフォンのアプリをつうじてはなれてらす家族かぞくにもとどけられ、入居にゅうきょしているお年寄としよりの生活せいかつ見守みまも異変いへんをキャッチできるということです。さらに、AIスピーカーが電気でんき料金りょうきんなどをらせてくれるほか、今後こんご就寝しゅうしん時間じかんなども分析ぶんせきして健康けんこう管理かんりのサポートもできるようになるということです。

横浜市よこはまし住宅じゅうたく供給きょうきゅう公社こうしゃ今村いまむら美幸みゆき主事しゅじは「高齢こうれい社会しゃかいすすんでも人工じんこう知能ちのう活用かつようすることで快適かいてき健康けんこう生活せいかつおくってほしい」とはなしています。

マンションはすでにほとんどが分譲ぶんじょうされていて、来年らいねんがつから入居にゅうきょはじまるということです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。