ほんマグロまぐろ」としてられる高級魚こうきゅうぎょクロマグロは、大西洋たいせいようでは資源しげん回復かいふくすすんでいるとして、日本にっぽん沿岸えんがん各国かっこく漁獲枠ぎょかくわくを4ねんつづけてげ、2020ねんにはことしより50%以上いじょうやすことで合意ごういし、国内こくない流通量りゅうつうりょうえて値下ねさがりにつながることが期待きたいされます。


大西洋たいせいようクロマグロは、日本にっぽん沿岸えんがん各国かっこく加盟かめいするICCAT(アイキャット)=大西洋たいせいようまぐろるい保存ほぞん国際こくさい委員会いいんかい資源しげん管理かんりされていて、きたアフリカのモロッコで21にちまでひらかれていた会合かいごうで、来年らいねん以降いこう漁獲枠ぎょかくわく協議きょうぎされました。

その結果けっか漁業ぎょぎょう資源しげんつづ回復かいふく傾向けいこうにあるとして、おも漁場ぎょじょうであるひがし大西洋たいせいよう地中海ちちゅうかい漁獲枠ぎょかくわくを、来年らいねんはことしより19%あまやして2まん8200トンとし、4ねんつづけてげることで合意ごういしました。
さらに2020ねんには、ことしより52%あまやして3まん6000トンまでげます。

大西洋たいせいようクロマグロは、絶滅ぜつめつ危機きき指摘してきされて一きびしい漁獲ぎょかく制限せいげんおこなわれましたが、今回こんかい合意ごういされた漁獲枠ぎょかくわくは2000年以降ねんいこうでは最大さいだい水準すいじゅんです。また、日本にっぽんてられた漁獲枠ぎょかくわくも、来年らいねんはことしより18%えて2279トンとなっています。

大西洋たいせいようクロマグロは、日本にっぽん漁船ぎょせんがとるぶん沿岸国えんがんこくから輸入ゆにゅうするぶんわせると、日本にっぽんのクロマグロの消費量しょうひりょうのおよそ4わりめ、今回こんかい合意ごうい国内こくない流通量りゅうつうりょうえて値下ねさがりにつながることが期待きたいされています。

ただ、漁獲枠ぎょかくわく大幅おおはば拡大かくだいつづけば貴重きちょう資源しげん枯渇こかつさせかねないという懸念けねんており、世界せかい最大さいだいのマグロの消費国しょうひこくである日本にっぽんは、資源しげん厳格げんかく管理かんり主導しゅどうしていく役割やくわりあらためてもとめられそうです。


水産庁すいさんちょう審議官しんぎかん価格かかくがるとおもう」

日本にっぽん政府せいふ代表だいひょうとして会合かいごうのぞんだ水産庁すいさんちょう太田おおた愼吾しんご審議官しんぎかんは、「漁獲枠ぎょかくわくを3まん6000トンまでやしても資源しげん回復かいふく問題もんだいないという科学的かがくてき勧告かんこく沿った結果けっかであり、よかった」とべて今回こんかい合意ごうい歓迎かんげいするかんがえをしめしました。そのうえで、国内こくない流通りゅうつうへの影響えいきょうについて、「漁獲枠ぎょかくわくえるとクロマグロの価格かかくがるとおもうので、消費者しょうひしゃにはより身近みぢかなものになる」とべました。

一方いっぽう大西洋たいせいようクロマグロの資源しげん管理かんりかたについては、「基本きほんデータは日本にっぽん漁船ぎょせん提供ていきょうしており、資源しげん管理かんり精度せいどがるよう今後こんごしつたかいデータを提供ていきょうしたい。今回こんかい合意ごうい各国かっこくまもることが重要じゅうようになるので、EUなどと協力きょうりょくしながらしっかりとした規則きそくつくり、漁獲枠ぎょかくわくまもられるようにしていきたい」とべて、資源しげん管理かんり徹底てっていされるよう日本にっぽんとしても役割やくわりたしていくかんがえを強調きょうちょうしました。


大西洋たいせいようでなぜ漁獲枠ぎょかくわく拡大かくだい

大西洋たいせいようクロマグロは乱獲らんかくなどの影響えいきょうで1990年代ねんだい後半こうはんから資源しげん減少げんしょう指摘してきされるようになり、2010ねんにはワシントン条約じょうやく締約国ていやくこく会議かいぎ国際的こくさいてき取引とりひき全面的ぜんめんてき禁止きんしすべきという提案ていあんされるなど、絶滅ぜつめつのおそれが指摘してきされていました。

このためICCATは2011ねん、2000年代ねんだい最大さいだいで3まん2000トンあったおも漁場ぎょじょう漁獲枠ぎょかくわく半分はんぶん以下いかの1まん2900トンにまでげるとともに、おもさ30キロ未満みまんちいさなクロマグロの漁獲ぎょかく原則げんそくとして禁止きんしするなど、きびしい制限せいげんつづけてきました。

こうしたみの結果けっか大西洋たいせいようクロマグロの資源しげん回復かいふく傾向けいこうにあるとして、ICCATは2015ねんから漁獲枠ぎょかくわくを20%ずつやしていく方針ほうしんてんじ、ことしは2まん3655トンと、6年前ねんまえのおよそ2ばいまで拡大かくだいしました。

今回こんかい会合かいごう先立さきだって科学的かがくてき見地けんちからクロマグロの資源しげん評価ひょうかする専門家せんもんか委員会いいんかいは、2020ねん漁獲枠ぎょかくわくをことしより50%以上いじょうおおい3まん6000トンにげても資源しげん回復かいふく問題もんだいないと報告ほうこくしたことから、ICCATでは漁獲枠ぎょかくわくをさらにやす方向ほうこう協議きょうぎすすめてきました。

ただ自然しぜん保護ほご団体だんたいからは資源しげん回復かいふくはまだ完全かんぜんではないとして、漁獲枠ぎょかくわく急激きゅうげき拡大かくだいけるべきだという意見いけんされています。


クロマグロの資源しげん管理かんり現状げんじょう

ほんマグロまぐろ」ともばれるクロマグロは、刺身さしみやすしなどの高級こうきゅう食材しょくざいとしてられ、日本にっぽん消費しょうひされるうちおよそ4わりを「大西洋たいせいようクロマグロ」がめています。今回こんかい合意ごういによって今後こんご流通量りゅうつうりょう増加ぞうかして、価格かかく低下ていかにつながることも期待きたいされています。

しかし、国内こくない消費量しょうひりょうの6わりめ、日本にっぽん近海きんかいふく太平洋たいへいよう生息せいそくする「太平洋たいへいようクロマグロ」は、資源しげん回復かいふくすすんでいません。

国際的こくさいてき研究けんきゅう機関きかんのISC=「きた太平洋たいへいようまぐろるい国際こくさい科学かがく委員会いいんかい」の推計すいけいでは、成長せいちょうした太平洋たいへいようクロマグロの資源しげんりょうは、ピークだった1961ねんの1わりほどの水準すいじゅんにまでんでいます。

このため、太平洋たいへいようクロマグロを管理かんりする国際こくさい機関きかん中西部ちゅうせいぶ太平洋たいへいようまぐろるい委員会いいんかい」は、2024ねんまでに、資源しげんりょう現在げんざいの2倍以上ばいいじょうの4まんトンあまりとする目標もくひょうかかげ、漁獲ぎょかく規制きせい徹底てっていはかっています。

しかし、太平洋たいへいようクロマグロをもっとおお漁獲ぎょかくしている日本にっぽん規制きせいまもれていません。

ことし6がつまで1年間ねんかん小型こがたのクロマグロの漁獲量ぎょかくりょうは、てられた漁獲枠ぎょかくわくを8%超過ちょうかしました。
ことし7月以降がついこうこんシーズンしーずんも、てられた漁獲枠ぎょかくわくえることが懸念けねんされています。

このため、大西洋たいせいようクロマグロの漁獲枠ぎょかくわく拡大かくだいしても、太平洋たいへいようクロマグロの規制きせいたいするみが不十分ふじゅうぶん資源しげんりょう回復かいふくしなければ、流通量りゅうつうりょう全体ぜんたい大幅おおはば改善かいぜんするめどはたないとされています。

日本にっぽん世界せかいもっともマグロを消費しょうひしていることから、資源しげん管理かんりたいする姿勢しせいみがとくわれています。

イージー・ニュース

大西洋たいせいようのクロマグロ 来年らいねん今年ことしよりおおってもいい