中国ちゅうごく急速きゅうそく普及ふきゅうしている電子でんし決済けっさいシステムが、JR東日本じぇーあーるひがしにほんえきビルびるはい商業しょうぎょう施設しせつ導入どうにゅうされることになり、第一弾だいいちだんとして21にちから都内とないの2かしょ運用うんようはじまりました。つづける中国人ちゅうごくじん観光客かんこうきゃく消費しょうひむのがねらいで、来年らいねんまでにすべての施設しせつ導入どうにゅうされる予定よていです。


運用うんようはじまったのは、アリペイとウィーチャットペイという中国ちゅうごく普及ふきゅうしている2種類しゅるい電子でんし決済けっさいシステムで、JR東日本じぇーあーるひがしにほんえきビルびる商業しょうぎょう施設しせつ展開てんかいするアトレが都内とない上野うえの秋葉原あきはばら店舗てんぽ導入どうにゅうしました。

これらのシステムは、物客ものきゃくのスマートフォンの画面がめんみせ端末たんまつにかざすだけで支払しはらいが完了かんりょうする仕組しくみで、中国ちゅうごく国内こくないでは利便性りべんせいたかさなどから急速きゅうそく普及ふきゅうしています。

アトレ上野うえのてんはいっている化粧品けしょうひんてんでは、中国ちゅうごくから旅行りょこうおとずれた家族かぞくれが早速さっそくレジでスマートフォンをかざして商品しょうひん購入こうにゅうしていました。

これらの電子でんし決済けっさいシステムは、来年らいねん月末がつまつまでに22かしょあるアトレのすべての施設しせつのおよそ1500の店舗てんぽ導入どうにゅうされる予定よていで、今後こんご増加ぞうか見込みこまれる中国人ちゅうごくじん観光客かんこうきゃく消費しょうひみたいかんがえです。

アトレ上野うえのてん営業課えいぎょうか高木たかぎそうさんは「中国ちゅうごく観光客かんこうきゃくあいだでは、くちコミこみなどでえき商業しょうぎょう施設しせつ認知度にんちどたかまっている。サービスの環境かんきょうととのえることで、げの増加ぞうかにつなげたい」とはなしていました。


増加ぞうか寄与きよ

<ruby>売<rt data-ruby-level=うり増加ぞうか寄与きよ" />

全国ぜんこくでディスカウントストアを展開てんかいするドン・キホーテは、おととし日本にっぽんはじめてアリペイを店頭てんとうでの決済けっさい導入どうにゅうしたほか、ことし6がつにはウィーチャットペイも導入どうにゅうし、現在げんざい全国ぜんこくのおよそ40店舗てんぽ利用りようすることができます。

会社かいしゃによりますと先月せんげつ1か月間げつかんにアリペイとウィーチャットペイで代金だいきん支払しはらった中国人ちゅうごくじん観光客かんこうきゃくの1にんたりのものがくは、現金げんきんやクレジットカードで支払しはらったひとくらべておよそ3わりおおくなっていて、中国人ちゅうごくじん観光客かんこうきゃく増加ぞうかもあって全体ぜんたいげもびているということです。

また、ウィーチャットペイの通信つうしん機能きのう利用りようして、物客ものきゃく帰国きこくしたあとも商品しょうひん情報じょうほうなどを配信はいしんすることで中国ちゅうごくけのインターネット通販つうはんげもびているということです。

ドン・キホーテ デジタル戦略せんりゃく企画室きかくしつ小野沢おのざわ由宇ゆうさんは「これらの電子でんし決済けっさいは、たんなる決済けっさいだけではなくマーケティングに活用かつようできる手段しゅだんだとかんがえている。顧客こきゃくのニーズにわせることは非常ひじょう大事だいじで、なかでも決済けっさい重要じゅうよう位置いちめている」とはなしています。


対応たいおうしないみせえらばれない」

「<ruby>対応<rt data-ruby-level=たいおうしないみせえらばれない」" />

中国ちゅうごくでは、偽札にせさつなどの不正ふせい相次あいつなか、より簡単かんたん確実かくじつ決済けっさい方法ほうほうとして、アリペイとウィーチャットペイという2つの電子でんし決済けっさいシステムが爆発的ばくはつてき普及ふきゅうしています。

運営会社うんえいがいしゃによりますと、このうちアリペイは5おく2000万人まんにん登録とうろくし、決済けっさい件数けんすうは1日当にちあたり1おく6000まんけんのぼっているということです。

いずれも日本人にほんじん原則げんそくとして使つかうことができませんが、日本にっぽんでも導入どうにゅうすすんでいて、アリペイの運営会社うんえいがいしゃによりますと、国内こくないでアリペイが使つかえる店舗てんぽは、コンビニエンスストアやドラッグストアなど全国ぜんこくで3まんてんえています。

また、ウィーチャットペイも、国内こくない使つかえる店舗数てんぽすう公表こうひょうされていませんが、代理店だいりてんによりますと、利用りよう可能かのう店舗てんぽかずつづけているということです。

アリペイの日本国にほんこくないのシステムをがけるリクルートライフスタイルの佐藤さとう亮太りょうたさんは「電子でんし決済けっさいは、公共こうきょう料金りょうきん支払しはらいやきたいおみせ検索けんさくまでできるなど、中国ちゅうごくひとにはなくてはならないものになっている。このため、現金げんきんあるかないひと中国ちゅうごくではえていて、日本にっぽんでもアリペイの決済けっさい対応たいおうしていないみせえらばれないということがどんどんたりまえになってくるとかんがえられる」とはなしています。


専門家せんもんか日本にっぽんもキャッシュレス戦略せんりゃくを」

中国ちゅうごく急速きゅうそく普及ふきゅうしている電子でんし決済けっさいシステムを導入どうにゅうする日本にっぽん商業しょうぎょう施設しせつえていることについて、電子でんし決済けっさいくわしい野村総合研究所のむらそうごうけんきゅうしょ田中たなか大輔だいすけ上級じょうきゅうコンサルタントは「日本にっぽん旅行りょこう方々かたがたがもともと自分じぶんたちのくに使つかっている決済けっさい手段しゅだんをそのままなにのストレスもなく使つかえるという環境かんきょう整備せいびすることは、非常ひじょう重要じゅうようなことだ」とべ、中国人ちゅうごくじん旅行者りょこうしゃ消費しょうひむうえで日本にっぽんにとってもプラスになるという認識にんしきしめしました。

田中たなかは、アリペイなどのサービスはスマートフォンを使つかうため、商品しょうひん広告こうこくをスマホにおくってマーケティングにも活用かつようできると指摘してきしました。

一方いっぽう中国ちゅうごく電子でんし決済けっさいサービスが日本にっぽんひろがり、日本にっぽん国内こくない決済けっさいサービスの競争きょうそう相手あいてになる可能性かのうせいについて、田中たなかは「アリペイなどはすでに日本にっぽんふくめたアジアに進出しんしゅつしようとんでいる。簡単かんたん現地げんち既存きそん決済けっさい手段しゅだんえていってしまうかどうかはくにごとにもわるとおもうが、かれらのスピードすぴーどかん日本にっぽん企業きぎょうではないので、日本にっぽんとしてはあまりうかうかとはしていられない」と指摘してきしました。

とくに、スマホを使つかった決済けっさいサービスをはじめとしたフィンテックは、らしを便利べんりにしたり生産性せいさんせいたかめたりするあらたな成長せいちょう分野ぶんやとして世界中せかいじゅう注目ちゅうもくしているだけに、田中たなかは「国内こくないのキャッシュレス社会しゃかいをどうつくっていくかのイメージを官民かんみん早急さっきゅうつくげる必要ひつようがある」とべ、日本にっぽん対応たいおういそぐべきだと指摘してきしました。

イージー・ニュース

スマートフォンでおかねはら中国ちゅうごくのサービスがえきみせはじまる