藤井聡太四段 通算50勝を達成

将棋しょうぎ最多さいた連勝れんしょう記録きろくを30ねんぶりに更新こうしんした中学ちゅうがく年生ねんせいのプロ棋士きし藤井ふじい聡太そうた四段よだんが21にち大阪おおさかおこなわれた対局たいきょくち、公式戦こうしきせん通算つうさん50勝目しょうめげました。日本にっぽん将棋しょうぎ連盟れんめい把握はあくしているかぎり、プロもっとはやい50しょう達成たっせいだということです。


藤井ふじい聡太そうた四段よだんは、去年きょねん10がつ史上しじょう最年少さいねんしょうの14さい2かげつでプロ棋士きしとなったあと、ことし7がつ対局たいきょくやぶれるまで公式戦こうしきせんで29連勝れんしょうし、将棋しょうぎ最多さいた連勝れんしょう記録きろくを30ねんぶりに更新こうしんしました。

藤井ふじい四段よだんは、その着実ちゃくじつちをおさめ、9がつ14にち対局たいきょく以降いこうは10連勝中れんしょうちゅうで、プロ公式戦こうしきせん通算つうさん成績せいせきを49しょうはいとしていました。

その藤井ふじい四段よだんは21にち大阪おおさか関西かんさい将棋しょうぎ会館かいかんおこなわれた八だいタイトルの1つ、「王座おうざせん」の一次いちじ予選よせんトーナメントで平藤ひらふじ眞吾しんごだん対局たいきょくしました。

対局たいきょくは、たがいに一進一退いっしんいったい攻防こうぼうつづき、終盤しゅうばんにもつれみましたが、開始かいしから12時間じかん半後はんご午後ごご10時半じはんごろ、126までで平藤ひらふじだん投了とうりょうして藤井ふじい四段よだんちました。

これによって、藤井ふじい四段よだんは、放送ほうそうのテレビ対局たいきょくのぞいた通算つうさん成績せいせきが50しょうはいとなり、日本にっぽん将棋しょうぎ連盟れんめい把握はあくするかぎり、プロもっとはやい50しょう達成たっせいだということです。

対局たいきょくえた藤井ふじい四段よだんは「全体的ぜんたいてきくるしい局面きょくめんつづき、ちを意識いしきしたのは最後さいご最後さいごでした。50しょう意識いしきしましたが、1きょくきょくかさねが、節目ふしめ数字すうじになったとおもいます」とはなしていました。


中学生ちゅうがくせい棋士きしでも圧倒的あっとうてき戦績せんせき

これまでに中学生ちゅうがくせいでプロりをめたほかの4にん有名ゆうめい棋士きしくらべても、藤井ふじい聡太そうた四段よだん順調じゅんちょうぼしかさねています。

藤井ふじい四段よだん去年きょねん10がつにちに、史上しじょう最年少さいねんしょうの14さい2かげつでプロりし、1ねん1かげつあまりたった21にちまでに公式戦こうしきせんで6かいしかけることなく、通算つうさん50しょう達成たっせいしました。

これまでに藤井ふじい四段よだんおなじように中学生ちゅうがくせいでプロりをめたのは、羽生はぶ善治よしはる棋聖きせい渡辺わたなべ明二あきじかん、ことし現役げんえき引退いんたいした加藤かとう一二三ひふみだん谷川たにがわ浩司こうじだんの4にん有名ゆうめい棋士きしです。

この4にんが50しょう達成たっせいしたときすうは、羽生はにゅう棋聖きせいが16、渡辺わたなべ二冠にかんが30、加藤かとう九段くだんが17、谷川たにがわだんが26となっていて、6かいしかけていない藤井ふじい四段よだんは89%というきわめてたか勝率しょうりつほこっています。

また、50しょう達成たっせいまでにかかった期間きかんは、羽生はにゅう棋聖きせいが1ねん3かげつあまり、渡辺わたなべ二冠にかんが2ねんあまり、加藤かとう九段くだんが2ねん1かげつあまり、谷川たにがわだんが2ねん3かげつあまりなのにたいし、藤井ふじい四段よだんは1ねん1かげつあまりしかかかっておらず、デビューから順調じゅんちょうぼしかさねていることがわかります。

イージー・ニュース

将棋しょうぎ藤井ふじい聡太そうたさん いままででいちばんはやく50かいった