国際こくさい学力がくりょく調査ちょうさ 日本にっぽんは2協同きょうどうして問題もんだい解決かいけつするちから

2017ねん11がつ21にち 2051ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

世界せかいの15さいどもを対象たいしょうおこなわれた国際こくさい学力がくりょく調査ちょうさで、日本にっぽんどもは「協同きょうどうして問題もんだい解決かいけつするちから」が参加さんかした52のくに地域ちいきなかで2となりました。

この国際こくさい学力がくりょく調査ちょうさは「PISA」とばれ、OECD=経済けいざい協力きょうりょく開発かいはつ機構きこう実施じっしし、日本にっぽん高校こうこう年生ねんせい、およそ6600にんふくむ52のくに地域ちいきの15さいどもが参加さんかしました。

今回こんかいは、これからの社会しゃかいきるうえで必要ひつような「協同きょうどう問題もんだい解決かいけつするちから」が測定そくていされ、その結果けっか公表こうひょうされました。それによりますと、日本にっぽんどもは平均点へいきんてんより52てんたかい552てんで、シンガポールにいで2となりました。

調査ちょうさには通常つうじょうのペーパーテストとちがい、パソコンが使つかわれ、“チャット”とばれるインターネットじょう会話かいわ形式けいしきすすめられます。

ある問題もんだいでは、チームでクイズにいどなか、どんな方法ほうほうればほかよりはや問題もんだいがとけるかをきそいます。このなかで1にん仲間なかまがチームとしての戦略せんりゃくてるまえに「はやくやればいい」とかえ主張しゅちょうするとき、どんな発言はつげんをすべきかわれました。「てばいい」とか、「ベストをくそう」といった抽象的ちゅうしょうてきこたえにたいして、正解せいかいは「みんなで問題もんだい分担ぶんたんしたらどうか」という具体的ぐたいてき提案ていあんでした。

この問題もんだい日本にっぽん平均へいきん正答率せいとうりつは75.4%で、OECDの平均へいきんを23.7ポイント上回うわまわりました。

また、調査ちょうさなかで、他人たにん共同きょうどう作業さぎょうすることについてたずねたところ、「チームのほうが1にんよりいい決定けっていをするとおもう」とこたえた日本にっぽんどもは80.2%で、OECDの平均へいきんより8.2ポイントたかくなりました。

今回こんかい結果けっかについて、教育きょういく社会学しゃかいがく専門せんもんでおちゃ水女子大学みずじょしだいがく浜野はまのたかし教授きょうじゅは「日本にっぽんおもんじる傾向けいこうがあり、学校がっこうでも集団しゅうだんおこな活動かつどうおおまれている。日本にっぽんどもは1にん課題かだいむよりも集団しゅうだんのほうがよりちから発揮はっきできるということではないか。一方いっぽうで、グローバルぐろーばるすすなかことなる文化的ぶんかてき背景はいけいったひとたちと意見いけんをぶつけながら課題かだい解決かいけつするちから必要ひつようだ」とはなしています。

PISAとは

PISAはOECD=経済けいざい協力きょうりょく開発かいはつ機構きこうが3ねん一度いちど実施じっししている国際こくさい学力がくりょく調査ちょうさです。読解力どっかいりょく科学的かがくてきリテラシー、数学的すうがくてきリテラシーの3つの調査ちょうさおこなわれていて、通常つうじょう学力がくりょくテストとちがい、実生活じっせいかつ役立やくだ学力がくりょく測定そくていしているとされています。

この調査ちょうさで、日本にっぽんどもは世界せかいトップレベルの成績せいせきげていましたが、2003ねん調査ちょうさ成績せいせき大幅おおはばがったことから、いわゆるゆとり教育きょういく原因げんいんとされ、教育きょういく政策せいさくおおきく見直みなおされる転機てんきとなりました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。