最先端さいせんたん技術ぎじゅつ活用かつようした福祉ふくし機器ききあつめた展示会てんじかいが20にちから東京とうきょう江東区こうとうくひらかれています。


水注ぐロボットも 福祉機器展 東京ビックサイト

展示会てんじかいには全国ぜんこくからわせて339の企業きぎょう大学だいがく、それに自治体じちたいなどが出展しゅってんしています。

このうち、慶応大学けいおうだいがくとベンチャー企業きぎょう共同きょうどう開発かいはつしているロボットは、装着そうちゃくしたひとうごきにわせてちから微妙びみょう加減かげんしながら遠隔えんかくものさわったりつかんだりすることができます。

会場かいじょうでは、ロボットがペットボトルとプラスチックぷらすちっくせいのコップをげて、みずそそ様子ようす実演じつえんされました。

来場らいじょうした介護かいご施設しせつ運営うんえいする男性だんせいは、「ロボットだと利用者りようしゃきずつけてしまうのではという不安ふあんもあるが、この技術ぎじゅつかせば危険きけんるとおもう」とはなしていました。

このほか空気圧くうきあつ金属きんぞく反発力はんぱつりょく利用りようして介護かいごさいこし負担ふたんを3ふんの1ほどに軽減けいげんする機器ききや、人間にんげん会話かいわができるぬいぐるみがたのロボットなども展示てんじされています。

主催しゅさいする日本にっぽん能率のうりつ協会きょうかい産業振興さんぎょうしんこうセンターせんたー岡正おかまさいつきさんは、「これから高齢化こうれいかがどんどんすすむので、おおくのほう先端せんたん技術ぎじゅつかした実際じっさい機器ききをごらんいただきたい」とはなしていました。

この展示会てんじかいは、東京とうきょうビッグサイトびっぐさいとで22にちまでひらかれています。


介護者かいごしゃ負担ふたん軽減けいげんへの期待きたい

<ruby>介護者<rt data-ruby-level=かいごしゃの負担ふたん軽減けいげんへの期待きたい" />

介護かいご仕事しごとからだへの負担ふたんおおきく「きつい」というイメージがあり人材じんざい不足ぶそく深刻しんこくです。

厚生労働省こうせいろうどうしょう推計すいけいでは、8年後ねんごにはおよそ38万人まんにん不足ふそくする見通みとおしで、現場げんばでは先端せんたん技術ぎじゅつ導入どうにゅうにより介護者かいごしゃ負担ふたん軽減けいげんにつながることが期待きたいされています。

慶応大学けいおうだいがくとベンチャー企業きぎょう共同きょうどう開発かいはつしている微妙びみょうちから加減かげん可能かのうにするロボットは、介護かいご医療いりょう分野ぶんや来年らいねん実用化じつようか目指めざしているということです。


慶応大学けいおうだいがくはつのベンチャー企業きぎょう「モーションリブ」の飯田いいだわたりさんは「ロボットのちから加減かげん自在じざいあやつることができるようになり、応用おうよう範囲はんいひろがる。お年寄としよりをかかげたりささえたりして、入浴にゅうよく介助かいじょのようにひとにしかできなかったような作業さぎょうをこれからロボットもできるようになる時代じだいがすぐそこにやってきている」とはなしていました。

イージー・ニュース

介護かいごなどのやく機械きかい会社かいしゃ大学だいがく紹介しょうかい