中国 広州モーターショー開幕 EVモデル競う

環境かんきょう規制きせい強化きょうかなどを背景はいけい世界的せかいてき電気でんき自動車じどうしゃ導入どうにゅうすすなか中国ちゅうごく広州こうしゅう大規模だいきぼなモーターショーがはじまり、各国かっこくのメーカーが電気でんき自動車じどうしゃあたらしいモデルを相次あいついで投入とうにゅうするなど、次世代じせだい自動車じどうしゃをめぐる競争きょうそうはげしくなっています。


中国ちゅうごく南部なんぶ広東省かんとんしょう広州こうしゅうで17にちからはじまった「広州こうしゅうモーターショー」には、中国ちゅうごく欧米おうべい、それに日本にっぽんなどのメーカーが1000だいあまりのくるま出展しゅってんしました。

世界せかい最大さいだい自動車じどうしゃ市場しじょう中国ちゅうごくでは、大気たいき汚染おせん対策たいさくとして電気でんき自動車じどうしゃ普及ふきゅうちかられていて、さまざまなタイプの電気でんき自動車じどうしゃ展示てんじされています。

このうち地元じもと広東省かんとんしょうの「ひろ自動車じどうしゃ」はIT企業きぎょう提携ていけいして、くるまなかのパネルでメッセージをやりりしたり、自動じどう運転うんてんあいだ映画えいがたりできる電気でんき自動車じどうしゃのコンセプトカーを公開こうかいしました。

また、「長城ちょうじょう自動車じどうしゃ」は中国ちゅうごく人気にんきのあるSUV=多目的たもくてきスポーツしゃ電気でんき自動車じどうしゃ公開こうかいし、1かい充電じゅうでん最長さいちょう530キロをはしることができるとアピールしました。

中国ちゅうごくでは再来年さらいねんからあらたな環境かんきょう規制きせい導入どうにゅうされ、電気でんき自動車じどうしゃ市場しじょう拡大かくだい見込みこまれるなか次世代じせだい自動車じどうしゃをめぐる競争きょうそうはげしくなっています。ひろグループのひょう興亜こうあ総経理そうけいりは「自動車じどうしゃ業界ぎょうかい変革へんかく局面きょくめんにある。電気でんき自動車じどうしゃ開発かいはつやネットとの連携れんけいすすめて期待きたいされる商品しょうひんつくしていきたい」とはなしていました。


中国ちゅうごくのEVシフト 現状げんじょうねら

中国ちゅうごく政府せいふ深刻しんこく大気たいき汚染おせん対策たいさく一環いっかんとして、EV=電気でんき自動車じどうしゃ導入どうにゅう積極的せっきょくてきすすめています。

電気でんき自動車じどうしゃひとに1だいたり日本円にほんえんで100まん円程度えんていど補助金ほじょきん支給しきゅうするほか、都市部としぶでは、ナンバープレートの取得しゅとくをほかのくるまより簡単かんたんにするなど優遇ゆうぐう措置そちこうじています。このため中国ちゅうごく去年きょねん年間ねんかん電気でんき自動車じどうしゃ販売はんばい台数だいすうは40万台まんだい世界せかいもっとおおくなっています。

再来年さらいねんからは自動車じどうしゃメーカーにたいして一定いってい割合わりあい電気でんき自動車じどうしゃやプラグインハイブリッドはいぶりっどしゃなどにすることを義務ぎむづけるあらたな規制きせい導入どうにゅうされる予定よていです。中国ちゅうごく政府せいふ高官こうかんは、ことし9がつガソリンがそりんしゃディーゼルでぃーぜるしゃ生産せいさん販売はんばい禁止きんしするための計画けいかくをまとめる方針ほうしんあきらかにしていて、今後こんご、EVシフトはさらにすすむとられます。

電気でんき自動車じどうしゃは、これまでの自動車じどうしゃくらべて部品ぶひん点数てんすうすくなく構造こうぞうがシンプルなため、日本にっぽん欧米おうべいのメーカーと中国ちゅうごくのメーカーとの技術ぎじゅつ格差かくさ比較的ひかくてきちいさいとされています。このため中国ちゅうごく政府せいふには、EVシフトを強力きょうりょくすすめ、国内こくないメーカーの技術力ぎじゅつりょくたかめることで、日本にっぽんやドイツなどをし、「自動車じどうしゃ強国きょうこく」となることを目指めざねらいがあるものとられます。