どものいじめや自殺じさつなどの相談そうだんにSNSのLINEを使つかったところ、電話でんわよりも大幅おおはば相談そうだん件数けんすうえたことがわかりました。専門家せんもんかは「SNSは若者わかものにとっていちばん身近みぢかなので、相談そうだん活用かつようできるよう対応たいおうすることが必要ひつようだ」とはなしています。


このみはSNSのLINEの運営会社うんえいがいしゃ長野県ながのけん協力きょうりょくしてことし9がつから2週間しゅうかんにわたり、中学生ちゅうがくせい高校生こうこうせい対象たいしょう試験的しけんてき実施じっしされました。

その結果けっか、およそ1500にんどもたちからアクセスがあり、このうち547けん相談そうだん対応たいおうしたということです。

これは、けん電話でんわによる年間ねんかん相談そうだん件数けんすうの2ばい相当そうとうするということです。

相談そうだん内容ないよう友人ゆうじん関係かんけい学業がくぎょうかんすることが半数はんすう以上いじょうで、なかには、いじめや自殺じさつかんする相談そうだんもあったということです。

今後こんご運営会社うんえいがいしゃ自殺じさつなどの深刻しんこく相談そうだんがあった場合ばあいに、電話でんわ相談そうだんえる仕組しくみなどを整備せいびし、全国ぜんこくみをひろげたいとしています。

相談そうだんアドバイザーの京都大学きょうとだいがく杉原すぎはらたもつ教授きょうじゅは「SNSは若者わかものにとっていちばん身近みぢかなツールで相談そうだんけられるよう対応たいおうしていくことが必要ひつようだ。問題もんだい深刻化しんこくかするまえむことが大切たいせつだ」とはなしていました。

イージー・ニュース

LINEを使つかったらどもからのいじめなどの相談そうだんえた