北海道ほっかいどうのみ”のオジロワシ 本州ほんしゅう繁殖はんしょくはつ確認かくにん 青森あおもり

2017ねん11がつ16にち 1428ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅ指定していされ、これまで国内こくないでは北海道ほっかいどうのみとされていたオジロワシの繁殖はんしょくが、本州ほんしゅうはじめて、青森県あおもりけんでも確認かくにんされたことが日本にほん野鳥やちょうかい調査ちょうさでわかりました。

オジロワシは、ユーラシア大陸たいりく北部ほくぶ中心ちゅうしん生息せいそくする大型おおがた野鳥やちょうで、国内こくないでは北海道ほっかいどうのみで繁殖はんしょくしているとされ、環境省かんきょうしょう絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅ指定していされています。

日本にほん野鳥やちょうかい青森県あおもりけん支部しぶによりますと、去年きょねんがつった調査ちょうさで、青森県あおもりけん六ヶ所村ろっかしょむら南部なんぶ雑木林ぞうきばやしつくっているオジロワシのつがいがつかったということです。

なかには、1のひなが確認かくにんされ、翌月よくげつには、さらにもう1のひなが確認かくにんされました。
本州ほんしゅうでオジロワシの繁殖はんしょく確認かくにんされたのははじめてだということです。

また、ことしのなつおこなわれた調査ちょうさでは、青森県あおもりけん津軽つがる地方ちほうでもオジロワシの繁殖はんしょく確認かくにんされたということです。

日本にほん野鳥やちょうかいでは、オジロワシがつくるマツやスギの青森あおもり県内けんないえていることが繁殖はんしょく要因よういんの1つではないかとしています。

調査ちょうさ参加さんかした日本学術振興会にほんがくじゅつしんこうかい高橋たかはし雅雄まさお特別とくべつ研究員けんきゅういんは、「青森あおもり繁殖はんしょく確認かくにんされたことはオジロワシの生態せいたい解明かいめいするうえで重要じゅうよう意義いぎがある。保護ほご保全ほぜんすすめるために、繁殖地はんしょくちにはちかづかずにあたたかく見守みまもってほしい」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。