ルネサンスの巨匠きょしょう、レオナルド・ダビンチの作品さくひんの1つで、ながらく所在しょざいがわからなくなり、まぼろし作品さくひんとされた、イエス・キリストをえがいた油絵あぶらえのオークションが15にち、アメリカ・ニューヨークでおこなわれ、美術びじゅつ作品さくひん史上しじょう最高さいこう価格かかくとなるおよそ4おく5000まんドル(日本円にほんえんで500億円おくえん)をえる価格かかく落札らくさつされました。


作品さくひんは、レオナルド・ダビンチが代表作だいひょうさくの「モナリザ」に先立さきだつ1500ねんごろに制作せいさくした「サルバトール・ムンディ」という油絵あぶらえで、ふか青色あおいろのローブをたキリストが祝福しゅくふくするように右手みぎてげ、左手ひだりて水晶すいしょうっている姿すがたえがかれています。

オークション会社がいしゃによりますと、現存げんぞんするダビンチの16てん作品さくひんのうち唯一ゆいいつ個人こじん所有しょゆうで、オークションにかかる最後さいご作品さくひんだとして、日本円にほんえんで100おく円以上えんいじょうでの落札らくさつ予想よそうされていました。

15にちよる、ニューヨークでおこなわれたオークションでは、20ふんちか入札にゅうさつつづなか、10億円おくえん単位たんい価格かかくがり、手数料てすうりょうふくめておよそ4おく5030まんドル(日本円にほんえんでおよそ508億円おくえん)で落札らくさつされました。

オークション会社がいしゃは、これまでに落札らくさつされた美術びじゅつ作品さくひん最高さいこう価格かかくだとしていますが、だれ落札らくさつしたかはあきらかにしていません。

作品さくひんは、17世紀せいきにイギリス王室おうしつ所有しょゆうしていたあと、一所在しょざいがわからなくなったほか、1900ねんつかって以降いこうも、かおかみ部分ぶぶんなどが上塗うわぬりされていたことなどから、ダビンチの作品さくひんではないとされ、修復しゅうふくて2011ねんにようやくダビンチのものと確認かくにんされるなど、複雑ふくざつ経緯けいいをたどった「まぼろし作品さくひん」としても注目ちゅうもくされていました。


価格かかく関心かんしん対象たいしょうではない」

ニューヨーク大学だいがく絵画かいが修復しゅうふく専門家せんもんか、ダイアン・モデスティーニ教授きょうじゅは2005ねんから6ねんかんかけて「サルバトール・ムンディ」の修復しゅうふく作業さぎょうにあたってきました。

モデスティーニ教授きょうじゅのもとに作品さくひんまれてきたさいには、キリストのかおかみなどが上塗うわぬりされていたほか、したいたにもひびがるなど状態じょうたいわるく、上塗うわぬりされていた部分ぶぶん慎重しんちょうのぞき、自分じぶん解釈かいしゃく作品さくひんえてしまわないよう注意ちゅういしながら作業さぎょうにあたったということです。とくったのは部分ぶぶんで、ダビンチはしろ使つかわず、作品さくひんには実際じっさい使つかわれたがほとんどのこっていなかったため、修復しゅうふくきわめてむずかしかったということです。

また、修復前しゅうふくまえには、一部いちぶかみ表現ひょうげんなどに特徴とくちょうられたものの、ことなる要素ようそもあったため、当初とうしょはダビンチの作品さくひんとはしんじられませんでしたが、修復しゅうふくすすめるにつれ、確信かくしんいたったということです。

モデスティーニ教授きょうじゅは、「ほかの作品さくひんよりもとく慎重しんちょう作業さぎょうすすめ、何度なんど何度なんどもダビンチの作品さくひんであるという可能性かのうせい検討けんとうつづけてきたなかで、あるとき、かみなりたれたようにうたが余地よちがないとかんじるようになりました」とはなしていました。そのうえで、作品さくひん今後こんごについて、「落札らくさつ価格かかくは、わたし関心かんしん対象たいしょうではありませんが、価値かち理解りかいして一般いっぱんひと研究者けんきゅうしゃ鑑賞かんしょうすることを尊重そんちょうするひと購入こうにゅうしてほしい」とべ、おおくのひと作品さくひんたのしめることが重要じゅうようだという認識にんしきしめしました。

イージー・ニュース

ダビンチの いままでのオークションでもっとたかやく508億円おくえん