囲碁 井山七冠  世界最強の中国棋士に勝利

先月せんげつ、2度目どめ七冠ななかん独占どくせんたした囲碁いご井山いやま裕太ゆうた七冠ななかんが15にちおこなわれた国際こくさい大会たいかいで、世界せかい最強さいきょうとされる中国ちゅうごくのトップ棋士きしきよしだんやぶりました。


井山いやま裕太ゆうた七冠ななかんは、去年きょねんがつ囲碁いご史上初しじょうはつ七大ななだいタイトル独占どくせんたしたあと、去年きょねん11がつに「名人めいじん」のタイトルをうしないましたが、その、6つのタイトルたいとるせんをすべて防衛ぼうえいし、ことし10がつ名人戦めいじんせん七番ななばん勝負しょうぶ高尾たかお紳路のぶみち名人めいじんくだして2度目どめとなる七大ななだいタイトル独占どくせんげました。

井山いやま七冠ななかんは15にち東京都内とうきょうとない日本にっぽん中国ちゅうごく韓国かんこくのトップ棋士きし参加さんかする国際こくさい大会たいかい準決勝じゅんけっしょうのぞみ、現在げんざい中国ちゅうごく国内こくないのランキングが1世界せかい最強さいきょうとされているきよしだん対局たいきょくしました。

日本にっぽん棋院きいんによりますと、井山いやま七冠ななかん中盤ちゅうばんまでされつづけるきびしい展開てんかいとなりましたが、終盤しゅうばん形勢けいせい逆転ぎゃくてんさせ、中押なかおちしました。公式戦こうしきせん日本にっぽん棋士きし九段くだんったのははじめてだということです。

対局たいきょくえた井山いやま七冠ななかんは、「日頃ひごろから世界戦せかいせん決勝けっしょう進出しんしゅつ優勝ゆうしょう目標もくひょうにしてきたので、よろこびをかみしめています。決勝けっしょうすこさきですが、こころしてたたかいたいとおもいます」などとコメントしています。

井山いやま七冠ななかんは、来年らいねんがつおこなわれる決勝けっしょう三番さんばん勝負しょうぶで、おなじく中国ちゅうごく強豪きょうごうあやまりなんじごう五段ごだん対局たいきょくします。

イージー・ニュース

囲碁いご井山いやま裕太ゆうたさんが世界せかいでいちばんつよ中国ちゅうごくのプロに