合掌造がっしょうづくりの家屋かおく雪囲ゆきがこ岐阜ぎふ 白川村しらかわむら

2017ねん11がつ14にち 1926ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

ふゆおとずれをまえに、豪雪地帯ごうせつちたいとしてられる岐阜県ぎふけん白川村しらかわむらでは、ふゆあいだ合掌造がっしょうづくりの家屋かおくゆきからまも雪囲ゆきがこいの作業さぎょうおこなわれています。

雪囲ゆきがこいがおこなわれたのは、白川村しらかわむら荻町おぎまち地区ちく観光かんこう施設しせつ合掌造がっしょうづく民家みんかえん」にあるちくおよそ150ねんおおきな合掌造がっしょうづくりの家屋かおくです。

14にちは、いえまわりをかこむように丸太まるた角材かくざい骨組ほねぐみをんだあと、「おおだれ」とばれるすだれのような部材ぶざいけていました。
「おおだれ」は、ふゆあいだゆき強風きょうふうから家屋かおくまもるほか、いえなかねつがさない効果こうかもあるということです。

合掌造がっしょうづく民家みんかえん」の職員しょくいん水上みなかみ幸喜こうきさんは「最近さいきんはトタンなどで雪囲ゆきがこいをすることがおおく、おおだれを使つかうことはすくなくなった。白川村しらかわむらは2メートルをえるゆきもるのでしっかりとそなえたい」とはなしていました。

白川村しらかわむらでは、今月中こんげつじゅうにほとんどの家屋かおく雪囲ゆきがこいの作業さぎょうわり、ふゆむかえることになります。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。