新酒しんしゅ仕込しこみが本格的ほんかくてきはじまる時期じきむかえ、奈良県ならけん桜井市さくらいしの「大神神社おおみわじんじゃ」で、酒造さかづくりのおまもり、「だい杉玉すぎだま」のえがおこなわれました。


酒造さかづくりの神様かみさまとして信仰しんこうあつめる奈良県ならけん桜井市さくらいし大神神社おおみわじんじゃでは、ご神体しんたい三輪山みわやますぎつくられた酒造さかづくりのおまもり、「だい杉玉すぎだま」が拝殿はいでんなどにつるされていて、毎年まいとし新酒しんしゅ仕込しこみが本格的ほんかくてきはじまるこの時期じきあたらしいものにえられます。

だい杉玉すぎだま直径ちょっけいが1メートル70センチ、おもさがおよそ250キロあり、神社じんじゃ職員しょくいんが8にんがかりでワイヤーをって、たかさ4メートルほどの天井てんじょうまでげました。そして、みこが「三輪さんりん明神みょうじん」などとかれたさつけました。

みこの1にんは、「また1ねん、おいしいおさけができるようにいのりをめてふだけました」とはなしていました。

杉玉すぎだまちいさなものも多数たすうつくられ、14にち神社じんじゃおこなわれる「さけまつり」で全国ぜんこく酒造会社しゅぞうがいしゃなどにさずけられ、それぞれの軒先のきさきかざられることになっています。

イージー・ニュース

奈良県ならけん神社じんじゃ いいおさけができるようにあたらしい杉玉すぎだまかざ