神奈川県かながわけん座間市ざましのアパートで、9にん遺体いたいつかった事件じけんで、15さいから17さい女子じょし高校生こうこうせいにんふくむ8にん身元みもと確認かくにんされました。警視庁けいしちょうはこのアパートに白石しらいし隆浩たかひろ容疑者ようぎしゃ(27)が9にん殺害さつがいし、遺棄いきしたと事件じけん全容ぜんよう解明かいめいすすめる方針ほうしんです。


警視庁けいしちょうによりますと、この事件じけんで、1にん遺体いたい遺棄いきしたうたがいで逮捕たいほされた神奈川県かながわけん座間市ざましにある白石しらいし隆浩たかひろ容疑者ようぎしゃ(27)のアパートの部屋へやからは男女だんじょにん遺体いたいつかっていて、このうちの1にん今月こんげつにち東京とうきょう八王子市はちおうじし田村たむら愛子あいこさん(23)と確認かくにんされています。

警視庁けいしちょうは、部屋へやからつかった被害者ひがいしゃ所持品しょじひんやDNA鑑定かんていなどからのこる8にん身元みもと確認かくにんしました。

身元みもと確認かくにんされたのは、群馬県ぐんまけん邑楽町おうらまち高校こうこう年生ねんせい石原いしはら紅葉こうようさん(15)、さいたま北区きたく高校こうこう年生ねんせい久保くぼ夏海なつみさん(17)、福島市ふくしまし高校こうこう年生ねんせい須田すだあかりさん(17)、埼玉県さいたまけん所沢市ところざわし大学だいがく年生ねんせい更科さらしな日菜子ひなこさん(19)と神奈川県かながわけん横須賀市よこすかし西中にしなか匠吾しょうごさん(20)、神奈川県かながわけん厚木市あつぎし三浦みうら瑞季みずきさん(21)、横浜市よこはまし都筑区つづきく丸山まるやま一美かずみさん(25)、埼玉県さいたまけん春日部市かすかべし藤間ふじま仁美ひとみさん(26)です。
これで9にん全員ぜんいん身元みもと確認かくにんされたことになります。

警視庁けいしちょうは、白石しらいし容疑者ようぎしゃがおよそ2かげつあいだに9にん殺害さつがいし、遺棄いきしたと被害者ひがいしゃとの接点せってん事件じけんいたくわしい経緯けいいなどを調しらべ、全容ぜんよう解明かいめいすすめる方針ほうしんです。


高校こうこう年生ねんせい 石原いしはら紅葉こうようさん

群馬県ぐんまけん邑楽町おうらまち高校こうこう年生ねんせい石原いしはら紅葉こうようさん(15)は、地元じもと中学校ちゅうがっこう卒業後そつぎょうごとなり大泉町おおいずみまち県立けんりつ西にし邑楽おうら高校こうこうとおっていました。

警察けいさつによりますと、石原いしはらさんは、ことし8がつ28にち午後ごご20ふんごろ、神奈川県かながわけん小田急線おだきゅうせん片瀬江かたせえしまえき改札かいさつたのを最後さいご行方ゆくえがわからなくなりました。えき防犯ぼうはんカメラに1にんある様子ようすうつっていたということです。

翌日よくじつの8がつ29にち片瀬江かたせえしまえきのトイレから石原いしはらさんの携帯けいたい電話でんわとICカードがつかり、両親りょうしん地元じもと警察署けいさつしょ捜索願そうさくねがいし、群馬ぐんま県警けんけい神奈川かながわ県警けんけい警視庁けいしちょうにも依頼いらいして行方ゆくえさがしていました。

石原いしはらさんの自宅じたくでは、午前ごぜん時前じまえ家族かぞくられる男性だんせい玄関先げんかんさきてきて、報道ほうどう関係者かんけいしゃてた文章ぶんしょう玄関先げんかんさきかべりました。文章ぶんしょうには、遺族いぞく親族しんぞく一同いちどう名前なまえで「このたびむすめ身元みもと判明はんめいしました。家族かぞく一同いちどうぶかかなしみにつつまれており、気持きもちの整理せいりがつきません。今後こんご、しかるべきタイミングでコメントを発表はっぴょうさせていただきたいとおもっております」としるされています。

石原いしはらさんとおなじクラスの女子じょし生徒せいとは「まじめで、やさしくて、おだやかで、かわいらしいでした。夏休なつやすみにはいまえ最後さいごったときは、ふだんとわらない様子ようすだったし、その、LINEで『あした宿題しゅくだいあったっけ?』とメッセージをおくったときも『たぶんないはず』とあかるくかえしてくれました。2学期がっきになってから姿すがたえず、心配しんぱいでメッセージをおくりましたが、全然ぜんぜん連絡れんらくがつきませんでした」とはなしていました。

石原いしはらさんが中学ちゅうがく年生ねんせいのころから2年半ねんはん絵画かいが教室きょうしつ指導しどうをしていた男性だんせいは「なにかの間違まちがいであってほしいとおもっていましたが、無念むねんでならないです。9にち誕生日たんじょうびだったので、ご家族かぞくのことをおもうと、本当ほんとうにつらいです」とはなしていました。
絵画かいが教室きょうしつでの様子ようすについては、「デザイナーやアーティストになりたいとかんがえていて、口数くちかずすくないむすめさんでしたが、レッスンも集中しゅうちゅうして最後さいごまでめずに一生懸命いっしょうけんめいんでいた姿すがたおもされます。これからかれおんならしい作品さくひんがたくさんできるのではないかとおもっていました」とはなしています。
白石しらいし容疑者ようぎしゃについては、「すこしのこころすきをついて、言葉巧ことばだくみに自分じぶん欲望よくぼうのためにこれからのむすめさんのいのちうばったということで、いきどおりをつよかんじています」としています。


高校こうこう年生ねんせい 久保くぼ夏海なつみさん

さいたま北区きたく高校こうこう年生ねんせい久保くぼ夏海なつみさん(17)は、地元じもと中学校ちゅうがっこう卒業後そつぎょうご埼玉県さいたまけん上尾市あげおし上尾うえおみなみ高校こうこうとおっていました。

地元じもと住民じゅうみんによりますと、久保くぼさんは、中学校ちゅうがっこうでは合唱部がっしょうぶ所属しょぞくしていて、まじめでやさしく、後輩こうはいからかれていたということです。

関係者かんけいしゃによりますと、高校こうこう年生ねんせいになってから家族かぞくなどに「学校がっこうきたくない」とか「精神科せいしんか相談そうだんしたい」などとなやみをけるようになっていたということです。そして久保くぼさんは、ことし9がつ30にち午前ごぜん1040ふんごろ、「ちかくのスーパーにおひるごはんをいにく」と家族かぞくげて自宅じたくあと行方ゆくえがわからなくなり、家族かぞく警察けいさつ捜索願そうさくねがいしていました。そのときの久保くぼさんの所持品しょじひん現金げんきん万円まんえんとキャッシュカード、それに携帯けいたい電話でんわだけだったということです。

その、10月上旬がつじょうじゅんになって警察けいさつから「神奈川かながわ県内けんない携帯けいたい電話でんわ通信つうしん状況じょうきょう確認かくにんされたが途切とぎれた」と久保くぼさんの家族かぞく連絡れんらくがあったということです。

久保くぼさんとおな高校こうこうかよ同級生どうきゅうせい男子だんし生徒せいとは「久保くぼさんは中学ちゅうがく高校こうこう合唱部がっしょうぶ所属しょぞくしていて、うたうことと読書どくしょきなおとなしいでした。しかし2年生ねんせいになってから部活ぶかつをやめてしまい、学校がっこうから9月下旬がつげじゅんごろに行方ゆくえがわからなくなったとつたえられていました。みんなどうしたんだろうとかなになやみがあったのかと心配しんぱいしていました」とはなしていました。
この高校こうこうの2年生ねんせいは、今月こんげつにちから3ぱく沖縄県おきなわけん修学旅行しゅうがくりょこうっていたということで、男子だんし生徒せいとは「久保くぼさんと一緒いっしょ修学旅行しゅうがくりょこうきたかったので、とても残念ざんねんです。もしなやみがあったのなら相談そうだんってちからになってあげたかったし、いまでもうそだとしんじたいです」と心配しんぱいそうにはなしていました。また、白石しらいし容疑者ようぎしゃについて「こころよわっているひと一緒いっしょのうとってちかづくなんて、ひととして最悪さいあく本当ほんとうゆるせない」とはなしていました。

久保くぼさんとおな小学校しょうがっこう中学校ちゅうがっこうとおっていた女子じょし生徒せいとは「友達ともだちおもいでクラスでもだれにでもはなしかけるやさしいでした。行方不明ゆくえふめいだというのは、さがしてほしいという連絡れんらくまわってきたのでっていました。誘拐ゆうかいかなとおもっていました。なやんでいるというはなしいたことはなく、今回こんかいのことは最近さいきんまでずっとうそだとおもっていたので、まだ実感じっかんがありません。おどろいています」とはなしていました。


高校こうこう年生ねんせい 須田すだあかりさん

福島市ふくしまし高校こうこう年生ねんせい須田すだあかりさん(17)は地元じもと中学校ちゅうがっこう卒業後そつぎょうご福島県ふくしまけん二本松市にほんまつし県立けんりつ安達あだち高校こうこうとおっていました。
父親ちちおや博文ひろふみさん(62)によりますと、あかりさんは、両親りょうしんと2にんあに、それに祖母そぼの6にん家族かぞくでしたが、去年きょねんからは母親ははおやあに一緒いっしょ市内しないべつまいにし、3にんらしていたということです。

あかりさんはアニメがきで、よく漫画まんがえがいていたということです。
去年きょねんれごろには、あかりさんが数日間すうじつかん家出いえでし、かみめてかえってたことがあったと母親ははおやからいていたということです。

関係者かんけいしゃによりますと、あかりさんは9月下旬がつげじゅんから行方ゆくえがわからなくなり、家族かぞく警察けいさつ捜索願そうさくねがいしたということです。
捜査そうさ関係者かんけいしゃによりますと、携帯けいたい電話でんわ位置いち情報じょうほう調しらべたところ、神奈川県かながわけん座間市ざまし周辺しゅうへん電波でんぱ途絶とだえていたということです。

父親ちちおや博文ひろふみさんは今月こんげつにち報道陣ほうどうじん取材しゅざいおうじ「今回こんかい事件じけんまれたのはむすめではないとおもっている。心配しんぱいはしているが、うちのむすめではないとしんじている」とはなしていました。
博文ひろふみさんはおさないころに親子おやこ一緒いっしょ撮影さつえいしたあかりさんの写真しゃしんながめながら「小学生しょうがくせいごろから漫画まんがえがくことやアニメをるのがきなでした。おやかられば、特別とくべつわったところもない普通ふつうおんなです」とはなしていました。
また「スマートフォンをよく使つかっていたので『インターネットじょうではみんなが本当ほんとうのことをってるとはかぎらない、なんでもしんじてしまってはだめだ』とおしえていた。容疑者ようぎしゃにだまされてしまったのだとしたらむすめ純粋じゅんすいだったからだとおもう」とはなしていました。

須田すださんの母親ははおやは「このたび、むすめがこのような事件じけんまれたことがいまだしんずることが出来できません。わたしおやとして、むすめまもってやることができませんでした。ただ、ただ、出来できるだけしずかに見送みおくってやりたいのです」などとするコメントをしました。

須田すださんとおな高校こうこうかよ友人ゆうじんは「ものしずかですが、わからないことがあるとおしえてくれるやさしいでした。最初さいしょはおとなしいのかなとおもいましたが、みんなであつまるといつもたのしそうにしゃべっていたし、よく笑顔えがおせていました」とはなしていました。
また「以前いぜん須田すださんが学校がっこう先生せんせい相談そうだんしているような姿すがたたことがあり、なになやみがあるのかなとかんじていました。でもわたしたちのまえではふだんどおりふるまっていたのでそこまで深刻しんこくそうにえませんでした」とはなしていました。

この友人ゆうじんによりますと、最後さいご須田すださんに高校こうこうったのはことし9月下旬がつげじゅんだったということですが、そのときも須田すださんはふだんとわらない様子ようすだったということです。
しかし、その高校こうこうなくなり、9がつ28にち午前ごぜん時前じまえには「LINE」の知人ちじんでつくるグループから退会たいかいしていたということです。
この友人ゆうじんは「須田すださんがLINEを退会たいかいしたのが事件じけんおな時期じきだったのでおどろいています。すぐちかくにいたまれるのはかなしいし、こわいです」とはなしていました。

中学ちゅうがく時代じだい同級生どうきゅうせいだった女性じょせいは「学校がっこうやす時間じかんいたりほんんだりしていたのをおぼえています。おとなしくてマンガやアニメがきなでした。今回こんかい事件じけんではほかにも同年代どうねんだい行方不明ゆくえふめいになっているのでこわいです」とはなしていました。

中学ちゅうがく時代じだいべつ同級生どうきゅうせい女性じょせいは「おとなしくて1にんなやみをかかえてしまいそうな性格せいかくでした。事件じけんまれたのがあかりちゃんではないことをねがっています」とはなしていました。


須田すだあかりさんの父親ちちおや博文ひろふみさんは、10日午後にちごごごろに自宅じたくちかくで取材しゅざいおうじ、9にち深夜しんや警視庁けいしちょうからあかりさんが事件じけんまれていたことをらされたことをあきらかにしました。博文ひろふみさんは「わたしはまだ自分じぶんむすめだとしんじていませんし、いまはなにかんがえたくありません。かんがえてしまったら、もうなにはなせなくなりそうです」とはなしていました。


大学だいがく年生ねんせい 更科さらしな日菜子ひなこさん

埼玉県さいたまけん所沢市ところざわし大学だいがく年生ねんせい更科さらしな日菜子ひなこさん(19)は地元じもと中学校ちゅうがっこう卒業後そつぎょうご川越市かわごえし私立しりつ高校こうこう進学しんがくし、高校こうこうでは演劇部えんげきぶ所属しょぞくしていました。
その東京とうきょう渋谷しぶやなどにキャンパスがある実践女子大学じっせんじょしだいがくとおっていました。

捜査そうさ関係者かんけいしゃによりますと、更科さらしなさんはことし9がつ15にち午後ごごごろに「アルバイトにってくる」と家族かぞくげて自宅じたくました。
そのよる、バイトさきあとから行方ゆくえがわからなくなり、母親ははおや警察けいさつ捜索願そうさくねがいしていました。

更科さらしなさんとおな大学だいがくかよう2年生ねんせい女子大じょしだい学生がくせいは「とてもおとなしくて、みんなとわいわいさわぐようなタイプではありませんでしたが、おたがいのきなアイドルグループについてたのしくはなしたのは印象いんしょうのこっています。2年生ねんせいになってからはとくやすみがちになり、9月以降がついこうまった学校がっこうなくなったので心配しんぱいしていました」とはなしていました。
また「よく携帯けいたいていたので、SNSの世界せかいでしか自分じぶんなやみをはなせるひとがいなかったのかもしれません。まだ二十歳はたちにもなっていなくて、人生じんせいこれからというときにこんな大変たいへん事件じけんまれてしまって本当ほんとうにかわいそうだし、もっと周囲しゅういができることがなにかあったかもしれないとおもいます」とはなしていました。

更科さらしなさんとおな小中学校しょうちゅうがっこうとおっていた男性だんせいは「おとなしくものしずかで、えがくことがきだったという印象いんしょうがあります。事件じけんまれるようなイメージはまったくなく、更科さらしなさんであってほしくないというのがいちばんです」とはなしていました。
そのうえで白石しらいし容疑者ようぎしゃ手口てぐちについて「SNSという身近みぢかなところに事件じけんひそんでいることには恐怖きょうふかんじました」とはなしていました。


西中にしなか匠吾しょうごさん(20)

知人ちじんなどによりますと、横須賀市よこすかし西中にしなか匠吾しょうごさん(20)は、去年きょねん地元じもと高校こうこう卒業そつぎょう障害者しょうがいしゃ支援しえん施設しせつ就職しゅうしょくしたということです。

高校こうこう時代じだいからバンドの活動かつどうはじめ、ベースを担当たんとうしていたということで、卒業後そつぎょうご関東地方かんとうちほうのライブハウスなどで本格的ほんかくてき活動かつどうしていたということです。
ことし8がつ26にちには大阪おおさかでライブをおこない、西中にしなかさんはツイッターで来場者らいじょうしゃへのおれい言葉ことば翌月よくげつにも関東地方かんとうちほうでライブを予定よていしていることをんでいたということです。

しかし3日後にちごの8がつ29にち家族かぞくに「ライブをく」とって自宅じたくたあと、連絡れんらくがとれなくなったということです。
関係者かんけいしゃによりますと、家族かぞくからの捜索願そうさくねがいけて警察けいさつ携帯けいたい電話でんわ位置いち情報じょうほう調しらべたところ神奈川県かながわけん海老名市えびなし電波でんぱ途切とぎれていたということです。

捜査そうさ関係者かんけいしゃによりますと西中にしなかさんは神奈川県かながわけん厚木市あつぎし三浦みうら瑞季みずきさん(21)といだったとられるということです。

また複数ふくすう友人ゆうじんによりますと、西中にしなかさんは行方不明ゆくえふめいになる直前ちょくぜんに、ツイッターをつうじて自殺じさつ願望がんぼうがあるひとたちと連絡れんらくっていたという情報じょうほうがあるということです。

バンドのメンバーは、ツイッターなどに西中にしなかさんの写真しゃしん投稿とうこう情報じょうほう提供ていきょうひろびかけていました。

西中にしなかさんが所属しょぞくするバンドが活動かつどうをしていた地元じもとのライブハウスのオーナーのきよしどお武彦たけひこさんは、今月こんげつにち取材しゅざいおうじました。西中にしなかさんの人柄ひとがらについて、「わかくて一生懸命いっしょうけんめいなバンドマンだった。くちべたなところはあったがまわりに仲間なかまはいっぱいいた。バンドの先輩せんぱいきびしかったけどまじめにっていて、きたえられていたようだった。将来しょうらい音楽おんがくべていくことを目指めざしていたようにおもう」とはなしていました。
また行方不明ゆくえふめいになっていたことについては「インターネットで自殺じさつ願望がんぼうのあるひととつながっていたといていたので心配しんぱいはしていた。でもそのなに情報じょうほうもなかったのでどこかで無事ぶじごしているとおもっていた。事件じけんまれているかもしれないというはなしいたがしんじていない」とはなしていました。


三浦みうら瑞季みずきさん(21)

神奈川県かながわけん厚木市あつぎし三浦みうら瑞季みずきさん(21)は、東京都内とうきょうとない本社ほんしゃがある人材じんざい派遣はけん会社がいしゃつとめていました。

ことし8がつ21にち、「失踪しっそうします。かならもどってきます。なにかあったらまた連絡れんらくします」というきをのこして行方ゆくえがわからなくなり、家族かぞく警察けいさつとどていました。

警察けいさつ調しらべたところ、三浦みうらさんの携帯けいたい電話でんわ藤沢市ふじさわし片瀬海岸かたせかいがんにある女子じょしトイレでつかり、その足取あしどりはわからなくなっていました。

中学校ちゅうがっこう時代じだい同級生どうきゅうせいによりますと、三浦みうらさんはあまり感情かんじょうひょうさないおとなしい性格せいかくだったということです。
三浦みうらさんが事件じけんまれたことについて、「全然ぜんぜん本当ほんとうしずかで、おとなしいというイメージでしたので、本当ほんとうにびっくりしました。本当ほんとうにあったのなら、事件じけん真相しんそうがしっかり明白めいはくになることをのぞみます」とはなしていました。

三浦みうらさんと中学ちゅうがくねんのときにおなじクラスだった男性だんせいは「ふだんはものしずかでおしとやかなかんじでしたが、はなすとあかるく元気げんきという印象いんしょうつよいです。せきちかはんおなじだったのでノートをせてくれたり、わたし授業中じゅぎょうちゅうていると『きなよ』と元気げんきよくこしてくれたりするやさしいでした」とはなしていました。
男性だんせいによりますと、三浦みうらさんは成人式せいじんしきさいひらかれた同窓会どうそうかい欠席けっせきしていたということで、「もしかえってきたらぜひ同窓会どうそうかい参加さんかしてほしいと無事ぶじいのってきました。本当ほんとう残虐ざんぎゃくゆるしがたい事件じけんです。三浦みうらさんにかかわったひとりの人間にんげんとして、とてもくやしくかなしいおもいです」とはなしていました。

三浦みうらさんとおな中学校ちゅうがっこうとおっていた女性じょせいは「あまり自分じぶん感情かんじょうひょうさない、しずかでおとなしいでした。事件じけんまれるようなイメージがまったくできない普通ふつうなので、もし彼女かのじょ事件じけんまれたとしたら、犯人はんにんかんがえが理解りかいできないし、なにがあったのかしっかり明白めいはくになることをのぞみます」とはなしていました。


丸山まるやま一美かずみさん(25)

横浜市よこはまし都筑区つづきく丸山まるやま一美かずみさん(25)は、通信制つうしんせい高校こうこう卒業そつぎょうし、コンビニエンスストアではたらいていました。

家族かぞく親族しんぞくによりますと、性格せいかくはおとなしく内気うちきで、自分じぶん気持きもちをひょうすのが苦手にがてだったということです。中学校ちゅうがっこうではパソコンで、携帯けいたい電話でんわのゲームがきで、通信つうしん教育きょういく高校こうこう卒業そつぎょうしたあとは自宅じたくにこもりがちになり、母親ははおやのすすめで、ことし4がつから新横浜しんよこはまえきちかくのコンビニエンスストアでアルバイトをしていたということです。アルバイトから帰宅きたくすると「おなかがすいた」などと家族かぞくはなし、とくなやみをかかえているようにはえなかったということです。

行方不明ゆくえふめいになった先月せんげつ18にちもいつもとわらず正午しょうごごろにアルバイトにかい、午後ごごから午後ごごまでの仕事しごとえ、アルバイトさきたということです。ふだんは午後ごごくらいには帰宅きたくしていましたが、この帰宅きたくせず、携帯けいたい電話でんわもつながらなかったため、翌日よくじつ家族かぞく警察けいさつ捜索願そうさくねがいしたということです。

警察けいさつ調しらべたところ、新横浜しんよこはまえき周辺しゅうへん防犯ぼうはんカメラに丸山まるやまさんの姿すがたうつっていたのを最後さいごに、行方ゆくえがわからなくなったということです。

丸山まるやまさんの母親ははおやは「行方ゆくえがわからなくなるまえは、ふだんとわらない様子ようすなやみをかかえているようにもえなかった。アルバイトをはじめて笑顔えがおえたとよろこんでいたやさきの出来事できごとで、本当ほんとうしんじられない」とかたりました。

母親ははおやによりますと、丸山まるやまさんは、内気うちき自分じぶん気持きもちをひょうすことが苦手にがてだったということで、中学校ちゅうがっこう時代じだい学校がっこう制服せいふく上履うわばきをかくされるいじめをけたことから不登校ふとうこうになり、本人ほんにん希望きぼう通信制つうしんせい高校こうこう進学しんがくしたということです。
高校こうこう卒業後そつぎょうごは、いえごしていましたが、母親ははおや助言じょげんもあり、ことし4がつからは横浜よこはま市内しないのコンビニエンスストアでアルバイトをしていました。アルバイトをはじめて以降いこう丸山まるやまさんは笑顔えがおえ、以前いぜんくらべてはきはきとはなすなどいい変化へんかられたということです。

アルバイトさきたあとに消息しょうそく途絶とだえた先月せんげつ18にちも、いつもとわらない様子ようすいえたといいいます。丸山まるやまさんの母親ははおやは「アルバイトをはじめて笑顔えがおえたとほっとしていたやさきの出来事できごとで、本当ほんとうに『なぜ』という気持きもちでいっぱいです。一緒いっしょらしていながらむすめおもいに気付きづかなかった自分じぶんめています。いまでもしんじられず、ひょっこりかえってくるようながしています」とはなしていました。

また、親族しんぞく男性だんせいは「10がつなかばにあるいて帰宅きたくする彼女かのじょかけたのが最後さいごです。本当ほんとうおどろいています」とはなしていました。


藤間ふじま仁美ひとみさん(26)

埼玉県さいたまけん春日部市かすかべし藤間ふじま仁美ひとみさん(26)は隣接りんせつする越谷市こしがやしはたらいていました。
関係者かんけいしゃによりますと、ことし8月末がつまつからはたらはじめたということです。
勤務先きんむさきではおとなしくやさしい人柄ひとがらだったということですが、9がつ13にち最後さいご勤務先きんむさきなくなったということです。

捜査そうさ関係者かんけいしゃによりますと、藤間ふじまさんは9がつ23にち知人ちじん男性だんせいに「ツイッターでったひといにいくからきょうはえない」などと電話でんわはなしたあとから連絡れんらくれなくなり、自宅じたくには自殺じさつをほのめかすメモがのこされていたということです。
このためちかくに母親ははおや警察けいさつ捜索願そうさくねがいしていたということです。

藤間ふじまさんがはたらいていた勤務先きんむさき同僚どうりょうは「とてもおとなしく、やさしい女性じょせいでした。いまおもったらすこくら場面ばめんもあったので『なにかあったの?』とか『どうしたの?』とかこえをかけていればよかったと後悔こうかいしています」とはなしていました。

イージーニュース