正月用しょうがつようかずのこづくはやくも最盛期さいせいき

2017ねん11がつ08にち 1406ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

北海道ほっかいどう函館市はこだてしでは、はやくも、おせち料理りょうりとして人気にんきがあるかずのこの生産せいさん最盛期さいせいきむかえています。

函館市はこだてし食品しょくひん加工かこうじょうでは、かずのこづくりが最盛期さいせいきむかえていて、臨時りんじ従業員じゅうぎょういんふくむ15にん作業さぎょうわれています。

この加工かこうじょうでは、かずのこの原料げんりょうとしておも北米産ほくべいさんのニシンのたまご使つかっていて、従業員じゅうぎょういんは、塩漬しおづけにしたたまごがほどよいかたさに仕上しあがっているか確認かくにんしながら、ひとひと丁寧ていねい化粧箱けしょうばこならべていました。

かずのこの生産せいさん団体だんたいは、血液けつえきながれをよくする成分せいぶんふくまれていることなどをPRし、年間ねんかんつうじた消費しょうひ目指めざしていますが、この加工かこうじょうでは、年間ねんかん出荷量しゅっかりょうの80%が年末ねんまつ年始ねんし集中しゅうちゅうしているということです。

函館市はこだてし水産すいさん加工業かこうぎょう協同組合きょうどうくみあい竹田たけだ英二えいじ組合長くみあいちょうは「むかしからお正月しょうがつかせない伝統でんとう食品しょくひんなので、家族かぞくだんらんのせきなどでべてもらいたい」とはなしていました。

かずのこは、お歳暮せいぼやおせち料理りょうりとして、来月らいげつにかけて需要じゅようがピークをむかえるということで、作業さぎょう来月らいげつ下旬げじゅんごろまでつづきます。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。