野口のぐち聡一そういちさん 2年後ねんごに3回目かいめ宇宙うちゅう飛行ひこう

2017ねん11がつ07にち 1508ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

JAXA=宇宙うちゅう航空こうくう研究けんきゅう開発かいはつ機構きこうは、日本人にほんじん宇宙うちゅう飛行士ひこうし野口のぐち聡一そういちさんが再来年さらいねん、2019ねんに3回目かいめ宇宙うちゅう飛行ひこうのぞむことになったと発表はっぴょうしました。

野口のぐちさんは横浜市よこはまし出身しゅっしんの52さい
2005ねんに、6人目にんめ日本人にほんじん宇宙うちゅう飛行士ひこうしとしてスペースシャトルではじめて宇宙うちゅうかい、国際こくさい宇宙うちゅうステーションのてにたずさわったほか、2009ねんには国際こくさい宇宙うちゅうステーションに5か月半げつはん長期ちょうき滞在たいざいしました。

JAXAによりますと野口のぐちさんは、2年後ねんごの2019ねんわりごろから半年間はんとしかん国際こくさい宇宙うちゅうステーションでの長期ちょうき滞在たいざいふたたのぞむことになったということで、ロシアの宇宙船うちゅうせん「ソユーズ」か、アメリカのスペースXしゃ開発中かいはつちゅう宇宙船うちゅうせん「クルードラゴン」、ボーイングしゃ開発中かいはつちゅう宇宙船うちゅうせん「スターライナー」のいずれかで宇宙うちゅうかうということです。

日本人にほんじん宇宙うちゅう飛行士ひこうし国際こくさい宇宙うちゅうステーションでの長期ちょうき滞在たいざいは、ことし12がつからの金井かない宣茂のりしげさんをふくめると9回目かいめとなります。

野口のぐちさんは「若手わかて宇宙うちゅう飛行士ひこうし活躍かつやくたか評価ひょうかされるなかで、3回目かいめ宇宙うちゅう飛行ひこう機会きかいあたえられたことにとても感謝かんしゃしています。これまでの飛行ひこう経験けいけんかしてミッションにいどみたいとおもいます」とするコメントを発表はっぴょうしました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。