ルーブル美術館びじゅつかんはつ海外かいがい別館べっかん ”ルーブル・アブダビ”が完成かんせい

2017ねん11がつ07にち 1757ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

フランスが世界せかいほこるパリのルーブル美術館びじゅつかんの、はじめてとなる海外かいがい別館べっかん「ルーブル・アブダビ」がUAE=アラブ首長国しゅちょうこく連邦れんぽう完成かんせいし、一般いっぱん公開こうかいまえにNHKなど一部いちぶのメディアに公開こうかいされました。

「ルーブル・アブダビ」は、施設しせつ全体ぜんたいがヤシのをモチーフにしたドームどーむがた屋根やねおおわれ、時間帯じかんたいによって内部ないぶへさしひかり変化へんかするユニークな設計せっけいになっています。

このドームどーむがた屋根やねしたにギャラリーなどがはいった建物たてものがあり、アラビア半島はんとう伝統的でんとうてき町並まちなみを再現さいげんしています。

「ルーブル・アブダビ」には、フランスの著名ちょめい美術館びじゅつかん収蔵品しゅうぞうひんされることになっていて、ルーブル美術館びじゅつかん所蔵しょぞうするレオナルド・ダ・ヴィンチの「ミラノの貴婦人きふじん肖像しょうぞう」や、オルセー美術館びじゅつかんのゴッホの「自画像じがぞう」などが開館かいかんわせて展示てんじされています。

今回こんかい、ルーブル美術館びじゅつかんはじめてとなる海外かいがい別館べっかん建設けんせつされた背景はいけいには、アブダビでの油田ゆでん権益けんえき確保かくほすすめたいフランスと、原油げんゆへの依存度いぞんどらすため、観光かんこう文化ぶんか振興しんこうすすめたいUAEの思惑しわく一致いっちしたことが指摘してきされています。

アブダビ文化ぶんか観光局かんこうきょくのグバシュ事務じむ局長きょくちょうは「フランスの協力きょうりょく世界せかいほこ美術館びじゅつかんができた。今後こんごはさらに魅力的みりょくてき施設しせつ建設けんせつし、観光客かんこうきゃく誘致ゆうちつとめたい」とはなしています。
「ルーブル・アブダビ」は今月こんげつ11にちから一般いっぱん公開こうかいされます。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。