伝統でんとう工芸こうげいから最先端さいせんたん工業こうぎょう技術ぎじゅつまでものづくりでとくすぐれた技能ぎのうつ「現代げんだい名工めいこう」に全国ぜんこくの149にんえらばれました。


すぐれたものづくりの技能ぎのうおおくのひとってもらい、若者わかものいでもらおうと厚生労働省こうせいろうどうしょうは「現代げんだい名工めいこう」として毎年まいとし職人しょくにん技術者ぎじゅつしゃ表彰ひょうしょうしています。ことしは全国ぜんこくで149にんえらばれました。

このうち兵庫県ひょうごけん芦屋市あしやしのパン職人しょくにん、フィリップ・ビゴさん(75)は母国ぼこくのフランスで15さいからパンづくりをはじめました。当時とうじ、パリで第一人者だいいちにんしゃとされる職人しょくにんまな昭和しょうわ40ねん、22さいのときに神戸市こうべし拠点きょてんくパンてんまねかれ、来日らいにちしました。

そして、全国ぜんこく各地かくち本場ほんばのフランスパンのつくかたひろめた一方いっぽう、みずからいとなむパンてんなどで若手わかて職人しょくにん育成いくせいにも積極的せっきょくてきみました。2003ねんにはフランスでもっと名誉めいよある国家こっか勲章くんしょう「レジオン・ドヌール勲章くんしょう」を受章じゅしょうし、いまでは「フランスパンの神様かみさま」ともばれています。

ビゴさんは「大変たいへんうれしいです。むかしはフランスパンといえば、『かたくてべられない』ともわれましたが、ちゃんとしたパンをつくつづけることで、『おいしい』と評価ひょうかしてくれるひとえていきました。パンをつく大切たいせつさを今後こんごつたえていきたいです」とはなしていました。

現代げんだい名工めいこう」の表彰式ひょうしょうしきは6にち東京とうきょう新宿区しんじゅくくおこなわれます。