あなたのお子さんはどのくらい習い事をしていますか?

スイミングに体操たいそう、バレエ、ピアノに英語えいごなど本当ほんとうにさまざまなならごとがあります。ども自身じしんが「やりたい」とってはじめることから「からだこころきたえさせたい!」「国際こくさい舞台ぶたい活躍かつやくする人材じんざいに!」といったおや希望きぼう願望がんぼうがきっかけになることもあるようです。取材班しゅざいはんは、どもをつママ記者きしゃにんなにかとになる「どもたちのならごと」をテーマに取材しゅざいしてみました。(ネットワーク報道部ほうどうぶ記者きしゃ 野町のまちかずみ 飯田いいだ暁子あきこ 大窪おおくぼ奈緒子なおこ


ならごとにかける費用ひようは?

取材しゅざいのきっかけになったのは先週せんしゅう公表こうひょうされた「学校外がっこうがい教育きょういく活動かつどうかんする調査ちょうさ2017」という調査ちょうさ結果けっかです。民間みんかん教育きょういく研究所けんきゅうじょのベネッセ教育きょういく総合そうごう研究所けんきゅうじょ保護者ほごしゃ教育観きょういくかんさぐろうと全国ぜんこく幼児ようじから高校生こうこうせいどもを母親ははおや対象たいしょうおこなったもので、1まん5000にんあまりが回答かいとうしています。

まずは、になった結果けっかをいくつかピックアップしてみます。金額きんがくはいずれも1かげつあたりの支出額ししゅつがくです。


あなたのお子さんはどのくらい習い事をしていますか?

学校外がっこうがい教育きょういく活動かつどう、いわゆるならごとにかける費用ひようは?
平均へいきん幼児ようじが6500えん小学生しょうがくせいが1まん5300えん中学生ちゅうがくせいが2まん2200えん高校生こうこうせいが1まん6900えんだそうです。いまむかしも、こころからだきたえたいとスポーツや運動うんどうならごとをするどもたちはおおいようです。


ばん人気にんきはスイミング

1<ruby>番<rt data-ruby-level=ばん人気にんきはスイミング" />

小学生しょうがくせいでは、3にんに2にんちかく(63.6%)が定期的ていきてきにスポーツ活動かつどうをしていると回答かいとうし、もっとおおかったのがスイミングで小学生しょうがくせいでは3にんに1にん(33.6%)にのぼっています。


年代別ねんだいべつにみるとスポーツ活動かつどうにかける費用ひようのピークは小学しょうがく年生ねんせいで5100えんとなっています。

記者きしゃたちのまわりでもあかちゃんのころから親子おやこ一緒いっしょあそぶスイミングスクールにとおっている、人気にんきのスクールにかようためになんげつもキャンセルちしているなどのはなし見聞みききします。


ならごと支出ししゅつ ピークは中学ちゅうがく年生ねんせい

また、じゅくなどもふくめた学校外がっこうがい活動費かつどうひ支出ししゅつもっとおおかったのが2まん5900えん中学ちゅうがく年生ねんせいでした。やはり高校こうこう受験じゅけんひかえていることがおおきな要因よういんのようです。


都市部としぶほど支出ししゅつおお

<ruby>都市部<rt data-ruby-level=としぶほど支出ししゅつおおく" />

今回こんかい調査ちょうさ結果けっか居住地きょじゅうち人口じんこう規模別きぼべつでみると都市部としぶほど支出額ししゅつがくおお傾向けいこうられます。5まん人未満にんみまんでは9900えんでしたが民間みんかん経営けいえいじゅくやスポーツ施設しせつおおくある政令せいれい指定都市していとし特別区とくべつくではおよそ1.8ばいの1まん7500えんとなっています。


おや収入しゅうにゅうによる格差かくさ

<ruby>親<rt data-ruby-level=おやの収入しゅうにゅうによる格差かくさも" />

世帯せたい収入別しゅうにゅうべつでも活動費かつどうひにかけるられ400まん円未満えんみまんでは8000えんとなっているのにたい年収ねんしゅう800まん円以上えんいじょう世帯せたいでは2まん5000えんと3倍以上ばいいじょうとなっています。おや収入しゅうにゅうによる教育きょういく格差かくさ指摘してきされていることをあらわすデータのひとえそうです。


運動うんどう芸術げいじゅつならごとよりも学習塾がくしゅうじゅくけい重視じゅうしする傾向けいこう

ベネッセ教育きょういく総合そうごう研究所けんきゅうじょでは同様どうよう調査ちょうさを4年前ねんまえの2013ねんと8年前ねんまえの2009ねんにもおこなっています。それと比較ひかくしてみると母親ははおやの“子育こそだかん”の変化へんかれます。


あなたのお子さんはどのくらい習い事をしていますか?

運動うんどうやスポーツをするよりももっと勉強べんきょうしてほしい」かとの質問しつもんたいして「とてもそうおもう」、「まあまあそうおもう」の回答かいとう合計ごうけいは2009ねんの26.8%から今回こんかい2017ねんは39.4%と13ポイントちかえているのです。
とくに「幼児ようじ」では14.4%から27.4%と2ばいちかくに、「小学生しょうがくせい」でも24.3%から37.5%と1.5ばいえています。

勉強べんきょうをもっと」という意識いしきどもをおやひろがっていることがうかがえます


背景はいけい教育きょういく改革かいかくが…

学習がくしゅう重視じゅうしする保護者ほごしゃ意識いしきについて調査ちょうさったベネッセ教育きょういく総合そうごう研究所けんきゅうじょでは、2019年度ねんどから小学校しょうがっこう高学年こうがくねん英語えいご正式せいしき教科きょうかとなることや、2020年度ねんどには思考力しこうりょく判断力はんだんりょくうため、国語こくご数学すうがく試験しけん記述式きじゅつしき問題もんだい導入どうにゅうや、英語えいごのテストでTOEFLなど民間みんかん検定けんてい試験しけん使つかうなど、大学だいがく入試にゅうし改革かいかくがあることが背景はいけいにあると分析ぶんせきしているそうです。教育きょういくおおきな変化へんか保護者ほごしゃ不安ふあんおもい「勉強べんきょうシフト!」がはじまっているとの見方みかたです。


勉強べんきょうシフトに専門家せんもんか警鐘けいしょう

<ruby>勉強<rt data-ruby-level=べんきょうシフトに専門家せんもんか警鐘けいしょう" />

幼児ようじ教育きょういくについて研究けんきゅうしている東京大学とうきょうだいがく大学院だいがくいん総合そうごう文化ぶんか研究科けんきゅうかひらき一夫かずお教授きょうじゅ今回こんかい結果けっかえたおやの“勉強べんきょうシフト”についてたずねてみると調査ちょうさった研究所けんきゅうじょとほぼおなじような感想かんそうでした。

「2020年度ねんど大学だいがく入試にゅうし改革かいかくでは、思考力しこうりょく判断力はんだんりょくそれに表現力ひょうげんりょくなど、学習塾がくしゅうじゅくだけではつちかうのがむずかしいであろう分野ぶんや入試にゅうしれられる方向ほうこう議論ぎろんすすんでいます。それにもかかわらずどもたちにより勉強べんきょうをさせたいという傾向けいこうがうかがえる今回こんかい結果けっかにはとてもおどろいています」

そのうえでかい教授きょうじゅ幼少期ようしょうきならごとについてはじゅくならごとおもにつくのは計算けいさんはやくなる、上手じょうずけるようになる、とびばこべるようになるなど、短期的たんきてきえてわかりやすい事柄ことがらです。長期的ちょうきてき社会しゃかい役立やくだ能力のうりょくかならずしもはぐくまれているわけではありません。ならごとやすほどに、友人ゆうじんあそ時間じかんおや食卓しょくたくかこみながらゆっくりとはな時間じかんっていくことも認識にんしきしたうえでそのならごと本当ほんとう必要ひつよう判断はんだんしてほしいです」提言ていげんしています。


費用ひようおおきな負担ふたん

また、家計かけいめんからもならごとにかける費用ひようをバランスよくかんがえる必要ひつようがあるとの指摘してきもあります。


あなたのお子さんはどのくらい習い事をしていますか?

ベネッセ教育きょういく総合そうごう研究所けんきゅうじょ調査ちょうさでは「教育きょういくにおかねがかかりぎるとおもう」かとの質問しつもんたいして、「とてもそうおもう」「まあまあそうおもう」の回答かいとう合計ごうけいは67.2%にのぼりました。


いちばんおかねがかかるのは大学だいがく進学時しんがくじをおわすれなく!

いちばんお<ruby>金<rt data-ruby-level=かねがかかるのは大学だいがく進学時しんがくじをおわすれなく!" />

この結果けっかをファイナンシャルプランナーの岩永いわなが真理まりさんにたずねてみると、どもが10さいごろまでがおかねどきで、私立しりつ大学だいがくくことも想定そうていして18さいまでに400まんえんぐらい用意よういしておくといいとアドバイスしていますが、おさないうちからならいごとをさせているためなかなかおかねまらないというケースもられます」います。岩永いわながさんはどものために教育費きょういくひけずりがたいというご家庭かていおおいですが、給料きゅうりょう右肩みぎかたがりではないこの時代じだい大学だいがくころになっておかねりずにどもにとって借金しゃっきんともいえる奨学金しょうがくきんたよることになったり大学だいがく進学しんがくあきらめたりすることになっては本末転倒ほんまつてんとうです。教育費きょういくひ聖域せいいきではなくときにはならごとめるという選択せんたく必要ひつようではないでしょうか」はなしていました。

どもの将来しょうらいのためにははやくからまなばせたい、多少たしょう無理むりをしてもならわせたいとおも気持きもちはどのおやにもあるとおもいます。ただ、わがにとってどれがいいみちなのか、そして家庭かてい負担ふたんになりすぎていないのか、ちょっとまってかんがえてみるのも必要ひつようなのではないかというのが、取材しゅざいしたママ記者きしゃにん感想かんそうでした。