古本の街として知られる東京・神田で、恒例の古本まつりが27日から始まりました。


「神田古本まつり」は秋の読書週間に合わせて毎年開かれ、ことしはおよそ100軒の古書店が参加しています。

まつりでは、古書店が軒を連ねるおよそ500メートルの歩道に、文学や歴史に関する本、それに写真集などおよそ100万冊の古本が並べられています。
初日の27日は午前10時の開始と同時に多くの人が訪れ、ワゴンに並べられた古本の中から興味のある本を探していました。

神田古書店連盟によりますと、神田は、日本を訪れる観光客の間で世界でも有数の古書店街として広く知られるようになったということで、27日も海外からの観光客の姿が多く見られました。
神奈川県から来た女性は「児童書を探しに来ました。古本まつりは初めてですが、にぎわっていてとても楽しいです」と話していました。

神田古書店連盟の夏目滋会長は「この古本まつりのために古書店が集めた本もたくさん並ぶので、多くの人に楽しんでほしいです」と話していました。
「神田古本まつり」は来月5日まで開かれています。

イージー・ニュース

100まんさつほんならぶ「神田かんだ古本ふるほんまつり」がはじまる