不登校ふとうこう13まん4000にんちょう 過去かこ10ねん最多さいた

2017年10月27日 04時29分

※1 8

昨年度さくねんど全国ぜんこく小中学校しょうちゅうがっこう不登校ふとうこうになっているどもは13まん4000にんえ、この10年間ねんかんもっとおおくなったことが文部科学省もんぶかがくしょう調査ちょうさでわかりました。専門家せんもんかは「不登校ふとうこう要因よういん多様化たようかするなかどもが安心あんしんできる居場所いばしょひと必要ひつようだ」と指摘してきしています。

文部科学省もんぶかがくしょう病気びょうきなどの理由りゆうのぞき、30にち以上いじょう学校がっこう欠席けっせきしたいわゆる不登校ふとうこう児童じどう生徒せいとかずについてきのう公表こうひょうしました。

それによりますと、不登校ふとうこうどもは小学生しょうがくせいが3まん1151にん前回ぜんかい+3568にん)、中学生ちゅうがくせいが10まん3247にん前回ぜんかい+4839にん)のわせて13まん4398にんで、まえとしより8407にん増加ぞうかし、この10年間ねんかんもっとおおくなりました。

このなかで、欠席けっせき日数にっすう年間ねんかん90にちえる長期ちょうき不登校ふとうこうどもは7まん7450にんと、全体ぜんたいの57.6%をめました。不登校ふとうこう要因よういんとして、もっとおおいのが家庭かていかかわる状況じょうきょう友人ゆうじん関係かんけいなどへの「不安ふあん」で、いで、「無気力むきりょく」、「学校がっこうにおける人間にんげん関係かんけい」などとなっています。

不登校ふとうこう問題もんだいくわしい、東京理科大学とうきょうりかだいがく八並やなみ光俊みつとし教授きょうじゅは「不登校ふとうこう要因よういん学校がっこう家庭かていでの人間にんげん関係かんけいなどさまざまで、多様化たようかしている。学校がっこうだけでなく、家庭かてい外部がいぶとの連携れんけいすすめ、どもが安心あんしんできる居場所いばしょひと必要ひつようだ」と指摘してきしています。