“クールジャパン” アニメ文化の拠点 完成

2017年10月27日 19時43分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

クールジャパンとして海外からも注目を集めるアニメ文化の情報発信の拠点となる東京アニメセンターが東京・市ヶ谷に完成し、28日のオープンを前に、報道関係者に公開されました。

東京アニメセンターは、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で日本への関心が高まる中、日本のアニメの魅力を伝えようと、大手の印刷会社とアニメの制作会社でつくる協会が開設しました。

センターは東京・市ヶ谷に設けられ、28日のオープンを前に、27日、マスコミ向けに公開され、関係者がテープカットをして完成を祝いました。

センターでは、月ごとにアニメの企画展が開かれ、等身大のアニメキャラクターと一緒に写真を撮れるコーナーや、かつて人気を集めた「タイムボカンシリーズ」など昔懐かしいアニメの原画が展示されています。

また、アニメや漫画の制作に興味を持ってもらおうと、絵を描く際に使う本格的なデジタル機材が実際に体験できるコーナーもあります。
さらに、アニメを制作する人材を育てようと、プロの現場の第一線で活躍しているクリエイターがオンラインで絵の描き方や動画の作り方などをアドバイスする講義も行われることになっています。

大日本印刷の浅羽信行執行役員は「アニメは若い人からお年寄りまで幅広い層のファンを持ち、海外からも高く注目される貴重なコンテンツで、このセンターをアニメ文化の発信拠点にしたい」と話していました。

立体的に見える映像技術も

センターでは、最新の映像技術でもアニメを楽しむことができます。この映像技術は1つの動画を背景と被写体というふうに、別々の2つの絵に分けて、鏡で反射させます。それにより、2つの絵が重なって映し出され、まるでアニメのキャラクターが浮き出ているように、立体的に見えるということです。この技術を使えば、スマートフォンの画面も立体的に映し出すことができるということで、現在、実用化に向けて開発が進められています。

国内外に情報発信できるか注目

日本のアニメ産業の市場規模は6年連続で拡大し、平成27年には1兆8000億円を超える規模となりました。とくに2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で日本への関心が高まる中、「クールジャパン」として、海外からも大きな注目を集めています。

市場が拡大する一方で、アニメのクリエイターの人材不足や、アニメの魅力を発信していく場が不足していることなどが課題とされてきました。こうした中、アニメ業界の団体と大手印刷会社がタッグを組んで、アニメ文化の拠点となる施設を運営していくことで、国内外に情報を効果的に発信していくことができるかが注目されます。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。