藤井ふじい聡太そうた四段よだん 高校こうこう進学しんがく将棋しょうぎ学業がくぎょう両立りょうりつ目指めざ

2017年10月26日 05時00分

※1 8

将棋しょうぎ最多さいた連勝れんしょう記録きろくを30ねんぶりに更新こうしんした中学ちゅうがく年生ねんせいのプロ棋士きし藤井ふじい聡太そうた四段よだん卒業後そつぎょうご進路しんろについて、現在げんざいとおっている中高ちゅうこう一貫校いっかんこうで、そのまま高校こうこう進学しんがくすることをめ、将棋しょうぎ学業がくぎょう両立りょうりつ目指めざすことになりました。

中学ちゅうがく年生ねんせい藤井ふじい聡太そうた四段よだん(15)は、去年きょねん史上しじょう最年少さいねんしょうでプロ棋士きしになったあと公式戦こうしきせんで29連勝れんしょうし、将棋しょうぎ最多さいた連勝れんしょう記録きろくを30ねんぶりに更新こうしんしました。

この活躍かつやくけ、将棋界しょうぎかいファンふぁんあいだでは藤井ふじい四段よだん来年らいねんがつ中学ちゅうがく卒業そつぎょうしたあと高校こうこう進学しんがくするのか、それとも将棋しょうぎ専念せんねんするのかについて関心かんしんあつまっていましたが、藤井ふじい四段よだん日本にっぽん将棋しょうぎ連盟れんめいつうじて、現在げんざいとおっている名古屋大学なごやだいがく教育きょういく学部がくぶ付属ふぞく中高ちゅうこう一貫校いっかんこうで、そのまま高校こうこう進学しんがくする意向いこうかためたことをあきらかにしました。将棋界しょうぎかい中学生ちゅうがくせいでプロりをめた棋士きし藤井ふじい四段よだんが5人目にんめで、加藤かとう一二三ひふみ九段くだん羽生はぶ善治よしはる棋聖きせいなど、これまでの4にん全員ぜんいん高校こうこう進学しんがくしています。

藤井ふじい四段よだん来年らいねんはるからは高校こうこう生活せいかつおくりながら将棋しょうぎ学業がくぎょう両立りょうりつ目指めざすことになり、「すべてのことをプラスにする気持きもちで、これからもすすんでいきたいです」とコメントしています。
また母親ははおや裕子ゆうこさんは「いままでどおり、見守みまも応援おうえんしていきます」とコメントしています。

中学生ちゅうがくせいプロ棋士きし これまで4にんとも高校こうこう進学しんがく

藤井ふじい四段よだんよりまえ中学生ちゅうがくせいでプロりをめたいわゆる「中学生ちゅうがくせい棋士きし」は、全員ぜんいん高校こうこう進学しんがくし、そのそれぞれの時代じだい代表だいひょうする名棋士めいきしとして活躍かつやくしています。これまでに周囲しゅういよりもひときわわか中学生ちゅうがくせいでプロの世界せかいあしれたのは、加藤かとう一二三ひふみだん谷川たにがわ浩司こうじだん羽生はぶ善治よしはる棋聖きせい渡辺わたなべあきら二冠にかんのわずか4にんです。

このうち昭和しょうわ29ねんに14さい7かげつでプロとなり、藤井ふじい四段よだんがプロりするまで62ねんにわたって最年少さいねんしょう記録きろく保持ほじしてきた加藤かとうだんは、高校こうこう卒業後そつぎょうご幅広はばひろ視野しやにつけようと、早稲田大学わせだだいがく進学しんがくしていました。

また昭和しょうわ60ねんに15さい2かげつでプロとなった羽生はにゅう棋聖きせいは、高校こうこう進学しんがくしたもののつほどにえる将棋しょうぎ対局たいきょく学業がくぎょう両立りょうりつさせることにくるしみ、途中とちゅうべつ高校こうこう通信制つうしんせい課程かてい転入てんにゅうし、卒業そつぎょうしました。

一方いっぽう囲碁いご世界せかい前人未踏ぜんじんみとう七大ななだいタイトル独占どくせんを2にわたってげた井山いやま裕太ゆうた七冠ななかんは、わずか12さいだった中学ちゅうがく年生ねんせいでプロ棋士きしとなり、その高校こうこうにはすすまずに、囲碁いご一筋ひとすじみちすすんできました。

先輩せんぱい棋士きしらがコメント

現在げんざい中学ちゅうがく年生ねんせい藤井ふじい聡太そうた四段よだんが、高校こうこうへの進学しんがくめたことについて、将棋界しょうぎかい先輩せんぱい棋士きしからコメントがせられています。

藤井ふじい四段よだんおなじように中学生ちゅうがくせいでプロりし、その高校こうこう進学しんがくした谷川たにがわ浩司こうじだんは「熟慮じゅくりょすえ決断けつだんでしょうし、『した最善さいぜん』という言葉ことば将棋界しょうぎかいにはあります。高校こうこうってよかったとこころからおもえるようにしてほしいですし、それができるひとだとおもっています。将棋しょうぎ学業がくぎょう両立りょうりつさせることで、相乗そうじょう効果こうかまれるのではないかと期待きたいしています」とするコメントをせました。

日本にっぽん将棋しょうぎ連盟れんめい会長かいちょうつとめる佐藤さとう康光やすみつだんは「なやみ、かんがえ、決断けつだんしたことは、ひとつの財産ざいさんおおいなる自信じしんって日々ひびまいしんしてもらいたいとおもいます」とコメントしています。

また藤井ふじい四段よだん師匠ししょう杉本すぎもと昌隆まさたかだんは「中高ちゅうこう一貫校いっかんこうからの進学しんがく自然しぜんながれで、現時点げんじてんではベストの選択せんたくおもいます。えらんだみち最善さいぜんにするのは本人ほんにんしだいです。学業がくぎょう将棋しょうぎさらなる精進しょうじん期待きたいします」とコメントしています。

このほか名古屋大学なごやだいがく松尾まつお清一せいいち学長がくちょうは「名大めいだい附属ふぞくは、独創性どくそうせいとチャレンジ精神せいしんんだ学校がっこうです。高校こうこう生活せいかつとおして、一層いっそうおおきな飛躍ひやく期待きたいしています」とするコメントをせました。