メーカーへの信頼しんらいらぐなか 東京とうきょうモーターショーもーたーしょー内容ないよう

2017年10月25日 17時22分

※1 8

ねんに1ひらかれる「東京とうきょうモーターショーもーたーしょー」の展示てんじ内容ないようが25にち報道陣ほうどうじん公開こうかいされました。ことしは走行中そうこうちゅうはいガスがすさない電気でんき自動車じどうしゃ注目ちゅうもくあつまる一方いっぽう日産自動車にっさんじどうしゃ神戸製鋼所こうべせいこうしょ相次あいつ不正ふせいでメーカーへの信頼しんらいらぐなかでの開催かいさいとなっています。

最先端さいせんたん自動車じどうしゃ技術ぎじゅつ披露ひろうする東京とうきょうモーターショーもーたーしょーは、国内外こくないがい自動車じどうしゃメーカーや部品ぶひんメーカーなどおよそ150しゃ出展しゅってんし、25にち展示てんじ内容ないよう報道陣ほうどうじん公開こうかいされました。

このうちホンダは、3種類しゅるい電気でんき自動車じどうしゃのコンセプトカーを発表はっぴょうし、小型こがた電気でんき自動車じどうしゃを2020ねんはじめて国内こくない発売はつばいすることをあきらかにしました。

またハイブリッドはいぶりっどしゃ主力しゅりょくとしてきたトヨタとよた自動車じどうしゃも、電気でんき自動車じどうしゃのコンセプトカーを発表はっぴょうしました。このくるまは、人工じんこう知能ちのうがドライバーの表情ひょうじょうこえ変化へんかり、つかれていると認識にんしきすると自動じどう運転うんてんえる機能きのう搭載とうさいされています。

このほかスズキやダイハツ、三菱自動車みつびしじどうしゃなども、電気でんき自動車じどうしゃのコンセプトカーを発表はっぴょうし、世界的せかいてき加速かそくするEVシフトが日本にっぽんのメーカーのあいだでも鮮明せんめいとなっています。

今回こんかいのモーターショーは、開幕かいまく直前ちょくぜん日産にっさん不適切ふてきせつ検査けんさや、自動車じどうしゃメーカーにアルミ製品せいひんなどを出荷しゅっかしていた神戸こうべ製鋼せいこう不正ふせい相次あいついであきらかになり、メーカーへの信頼しんらいらぐなかでの開催かいさいとなりました。

日産にっさんのダニエレ・スキラッチ副社長ふくしゃちょうは、発表会はっぴょうかいで「不適切ふてきせつ検査けんさ皆様みなさま多大ただいなご迷惑めいわくとご心配しんぱいをおかけしたことをふかくおわびもうげます」と陳謝ちんしゃしました。

東京とうきょうモーターショーもーたーしょーは、今月こんげつ28にちから来月らいげつにちまで、東京とうきょう江東区こうとうく東京とうきょうビッグサイトびっぐさいと一般いっぱん公開こうかいされます。

自動じどう運転うんてんやAIも注目ちゅうもく

今回こんかいのモーターショーでは、電気でんき自動車じどうしゃとともに注目ちゅうもくされているのは、自動じどう運転うんてんやAI=人工じんこう知能ちのう技術ぎじゅつです。

このうち、トヨタとよた自動車じどうしゃ公開こうかいしたのは、ドライバーのこえ表情ひょうじょう人工じんこう知能ちのう技術ぎじゅつです。人工じんこう知能ちのうかお表情ひょうじょうからドライバーがつかれていると認識にんしきすると、自動じどう運転うんてんモードにわります。
また、ドライバーの性格せいかく過去かこ運転うんてん履歴りれきなどからドライブちゅうにおすすめのさきこたえる人工じんこう知能ちのう開発かいはつすすめられているということです。

三菱自動車みつびしじどうしゃは、ドライバーが運転席うんてんせきよこにあるタブレットにはなしかけると、車内しゃない温度おんど調節ちょうせつしたり、ワイパーを操作そうさしたりする技術ぎじゅつ披露ひろうしました。
三菱自動車みつびしじどうしゃ難波なんば宗義むねよしさんは「AIの登場とうじょうで、ひとくるまとの関係かんけいおおきくわりつつある。海外かいがいのさまざまなベンチャー企業きぎょう共同きょうどう研究けんきゅうすすめており、ひと希望きぼうこたえられる最先端さいせんたん技術ぎじゅつ提供ていきょうしていきたい」とはなしていました。

くるま内装ないそうがける部品ぶひんメーカー、トヨタ紡織ぼうしょくは、かん全自動ぜんじどう運転うんてんくるま想定そうていし、くるまなか食事しょくじやデスクワークがしやすいようシートを自由じゆううごかせるくるま公開こうかいしました。
ボタンをすと内側ないそくかべいろこのみにわせてわる仕組しくみになっていて、メーカーでは、将来しょうらい映像えいぞううつせる技術ぎじゅつ開発かいはつすすめているということです。

部品ぶひんメーカーもEVけに開発かいはついそ

EVシフトが加速かそくするなか日本にっぽん自動車じどうしゃ産業さんぎょうささえる部品ぶひんメーカーも電気でんき自動車じどうしゃけの部品ぶひん開発かいはついそいでいます。

このうち、エンジンの振動しんどうおさえる防振ぼうしんゴムが主力しゅりょく住友すみとも理工りこうは、電気でんき自動車じどうしゃのモーターに使つかわれる防振ぼうしんゴムのモデルひんはじめて出展しゅってんしました。
モーターと電池でんちはし電気でんき自動車じどうしゃは、従来じゅうらいのエンジンや変速機へんそくきなどおおくの部品ぶひん不要ふようとなります。EVシフトが加速かそくすれば、げがおおきくるおそれがあるとして、電気でんき自動車じどうしゃけの部品ぶひん開発かいはつちかられているということです。
松井まついとおる社長しゃちょうは「EV予想よそうしていたよりも加速かそくしている。どのような方向ほうこうになろうと対応たいおうできる体制たいせいととのえていきたい」とはなしています。

一方いっぽう、EVシフトをきっかけに事業じぎょう拡大かくだいねら部品ぶひんメーカーもあります。

日立ひたちオートモティブシステムズは、ハイブリッドはいぶりっどしゃ供給きょうきゅうしているモーターや電池でんち電気でんき自動車じどうしゃにも利用りようできるとして開発かいはつ販売はんばい強化きょうかする方針ほうしんです。
山足やまあし公也こうや技術ぎじゅつ開発かいはつ本部長ほんぶちょうは「EVに必要ひつようとなる技術ぎじゅつっているので活躍かつやくするがある。ビジネスチャンスがひろがっていくと期待きたいしている」とはなしています。

日産にっさん神鋼しんこうなどかくメーカー反応はんのう

日産自動車にっさんじどうしゃ神戸製鋼所こうべせいこうしょ不正ふせい相次あいついだことについて、かくメーカーのトップからもきびしい意見いけん相次あいつぎました。

ホンダの八郷やさと隆弘たかひろ社長しゃちょうは「今回こんかいけん遺憾いかんだ。現場げんばつよみが、日本にっぽん製造業せいぞうぎょうつよみだが、われわれホンダもあらためて現場げんば大切たいせつにやっていくことををもってしめしていきたい」とはなしています。

SUBARUの吉永よしなが泰之やすゆき社長しゃちょうは「製造業せいぞうぎょうは、日本にっぽんにとって非常ひじょう大事だいじ分野ぶんやなので、信頼しんらいそこなわれることを心配しんぱいしている。ものづくりにたいする信頼しんらいらぐことがないようわれわれもふくめ、日本にっぽん企業きぎょう全体ぜんたいでしっかりとんでいく必要ひつようがある」とべました。

ヤマハやまは発動機はつどうきやなぎ弘之ひろゆき社長しゃちょうは「現場げんばでのめごとをきちんとまもっていくのは製造業せいぞうぎょう基本きほんだ。日本にっぽん製造業せいぞうぎょうつよさは、そういうところを愚直ぐちょくにやりつづけ、それを改善かいぜんしてきたところにあり、残念ざんねんだ」とはなしています。

また、神戸こうべ製鋼せいこうのアルミ製品せいひん使つかっていた自動車部品じどうしゃぶひんメーカー、住友すみとも理工りこう松井まついとおる社長しゃちょうは「自動車じどうしゃ業界ぎょうかいにかぎらず、日本にっぽん製造業せいぞうぎょう世界せかいから品質ひんしつ信頼性しんらいせいたかさを評価ひょうかされてびてきたので、それらをそこなうのはおおきな痛手いたでになる。めて対応たいおうしていかなければいけない」とはなしていました。

一方いっぽう不適切ふてきせつ検査けんさ発覚はっかくし、リコールにまれた日産にっさん星野ほしの朝子あさこ専務せんむは、記者会見きしゃかいけんで、「10がつ販売はんばいは、かなりダメージをける。過去かこ最大さいだいとなるリコールを実施じっししながら、もう一度いちど信頼しんらいしてもらえるようつとめたい」とべました。