札幌市で23日午前8時半ごろ、みぞれが降り、札幌管区気象台は「札幌市で初雪を観測した」と発表しました。気象台によりますと、初雪の観測は、平年より5日早く去年より3日遅いということです。


札幌で初雪を観測

北海道では内陸を中心に雪となっていて、午後2時現在の積雪は、南富良野町幾寅で13センチ、層雲峡で12センチなどとなっています。

道内では、上空には寒気が流れ込み、24日にかけて重く湿った雪が降り、平地でも雪の量が多くなるおそれがあります。
24日昼までの24時間に降る雪の量は、オホーツク海側と日本海側の内陸で40センチ、太平洋側の内陸で30センチと予想されていて、気象台は、交通への影響や農業施設の被害、電線への着雪、停電などに十分注意するよう呼びかけています。

イージー・ニュース

北海道ほっかいどうつめたい空気くうきはいってゆき