東京・上野動物園でことし6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」は、母親の「シンシン」の後ろをついて歩く姿が確認できるなど、順調に成長を続けています。


上野動物園でことし6月12日に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃん、シャンシャンは、20日で生後130日となり、動物園が行った身体測定では体重が8.6キロ、体長が74.2センチと順調に成長しています。

動物園によりますと、シャンシャンは10日前と比べて歩き方がしっかりしてきていて、母親のシンシンの後ろをついて歩いたり、5センチほどの低い段差を乗り越えたりする様子が確認できるということです。

また、目もしっかり見えるようになっていて、母親や職員の姿を目で追う様子もよく見られるということです。

一方、母親のシンシンも、シャンシャンの体をなめたり、授乳したりしていて、母子ともに健康状態は引き続き良好だということです。

動物園は、シャンシャンが生後6か月となることし12月をめどに、シンシンと一緒に公開したいとしています。

上野動物園教育普及課の金子美香子課長は「シャンシャンの足取りがしっかりしてきて、順調に成長している。母親のシンシンとじゃれ合う姿も見られ、親子の絆が深まっているように感じる。引き続き注意深く見守るとともに、公開に向けて準備を整えていきたい」と話していました。