日光東照宮で武者行列 800人が参道練り歩き

栃木県日光市の日光東照宮で、武者などにふんした市民が参道を練り歩く「百物揃千人武者行列」が行われました。


「百物揃千人武者行列」は、江戸時代に徳川家康の遺骨を静岡県の久能山から日光に移した際の様子を再現したもので、毎年、春と秋の日光東照宮の例大祭に行われています。

17日は、よろいかぶと姿の武者や鉄砲持ちなどにふんしたおよそ800人の市民が参加し、徳川家康をまつった重さ1トン以上のみこしを中心に、およそ1キロの参道をゆっくりと練り歩きました。

秋の観光シーズンを迎える中、参道脇には大勢の観光客が訪れ、豪華な時代絵巻を楽しんでいました。

東京から訪れた女性は「初めて見ましたが、迫力があって圧倒されました。時代を感じさせる華やかな行列で、よろいかぶと姿がかっこよかったです。また見に来たいです」と話していました。

イージー・ニュース

日光東照宮にっこうとうしょうぐう武士ぶし格好かっこうをした800にんある