囲碁 井山裕太 2度目の「七冠独占」

2017年10月17日 18時42分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

囲碁の井山裕太六冠が、17日、静岡県熱海市で行われた対局に勝って名人のタイトルを奪い、自身、2度目の七冠独占を果たしました。七大タイトルを2度にわたって独占したのは、囲碁、将棋を通じて、井山さんが初めてです。

井山裕太六冠は去年4月、囲碁で史上初の七大タイトル独占を果たしたあと、去年11月に「名人」のタイトルを失いましたが、そのほか6つのタイトル戦では強豪棋士の挑戦を次々と退け、すべて防衛を果たしました。

そして、ことし8月から、去年敗れた高尾紳路名人に挑む名人戦の七番勝負に臨み、ここまで3勝1敗と、タイトル奪還まであと1勝に迫っていました。

16日から静岡県熱海市で行われていた第5局は、井山六冠が序盤から積極的に攻めたのに対し、高尾名人もそれにくらいつき、両者譲らぬ激戦となった末、17日午後6時半すぎ、197手までで高尾名人が投了し、井山六冠が中押し勝ちしました。

井山さんはこれで、「名人」のタイトルをわずか1期で奪い返し、自身、2度目となる七大タイトル独占を達成しました。将棋の世界でも、20年余り前の平成8年に、羽生善治さんが当時の七大タイトル独占を達成していますが、2度目の「七冠」達成は、囲碁、将棋を通じ、初めての快挙です。

井山さんは対局のあと、「まだ終わったばかりで考えられる状況ではないですが、自分なりに力は出し切れました。今後も、これまでどおり1局1局、目の前の1手を積み重ねて、なかなか結果が出せていない世界戦にも精いっぱい挑戦していきたいです」と話していました。

敗れた高尾さんは、「これが実力かなと思います。井山さんの強さを改めて感じました。この大舞台での井山さんとの勝負を、今後の棋士人生に生かしたいです」と話していました。

井山「まだ完成とは思わない」

2度目の「七冠」を達成した井山裕太さんは、対局のあとの記者会見で、「自分の実力からすると『できすぎ』で、まだ信じられないというのが正直なところです。去年『名人』を失って七冠が崩れたあとは、2度目の七冠は現実的ではないと思っていましたが、1局1局の積み重ねでここまで来ることができました。1度目の時よりは、成長した姿を見せることができました」と、達成直後の心境を語りました。

また、今回2度目の「七冠」に挑んだ心境については、「去年の1度目の挑戦の時は、二度とないチャンスで、是が非でも達成したいという気持ちが強かったのを覚えています。今回は『七冠を目指す』というより、1年前に敗れた名人戦で昨年以上の戦いを見せたいという思いが強くありました。2度目の七冠達成を重圧に感じることはありませんでした」と語りました。

そのうえで、今後の目標について、「これまでの棋士人生の中では、今がいちばん強く成長できていると思っていますが、まだまだ自分自身、これで完成とは全く思っていません。少しでも成長していきたいという思いが強いです。世界的に見れば、自分は全く特別ではなく、世界戦ではまだ思うような結果は出せていないので、挑戦を続けて、よい結果を残していきたいです」と話していました。

羽生「心技体揃わねば 成しえない」

2度目の「七冠」を達成した囲碁の井山さんに対し、将棋界でただ1人、21年前に当時の「七冠」独占を達成した羽生善治さんがコメントを寄せ、「2度目の七冠達成、誠におめでとうございます。心、技、体、のすべてが揃わなければ偉大な快挙は成しえないと思いました。まだまだ、井山さんのベストパフォーマンスは伸びると思いますので、今後も独創的な囲碁を打ち続けて行くことをファンの皆さんとともに楽しみにしています」と祝福の言葉を贈りました。

これまでの歩み

前人未踏の2度目の「七冠」を達成した井山裕太さんは、大阪・東大阪市出身の28歳。幼い時に祖父の影響で囲碁をはじめ、6年生までが対象の小学生の全国大会に2年生で優勝するなど、早くからその才能が注目されました。

中学1年生のときにわずか12歳でプロに。その後、数々の最年少記録を塗り替えるなど、平成生まれの新星として期待を集めました。20歳で挑んだ平成21年の名人戦で、当時、囲碁界の頂点に君臨していた張栩九段を破って史上最年少の「名人」となり、初めて、七大タイトルの1つを獲得します。

その後も、並み居る強豪を圧倒する強さを見せ続け、平成25年には、七大タイトルのうち6つを同時に保有する「六冠」を史上初めて達成し、全冠制覇まであと一歩に迫りましたが、防衛戦に敗れ、一時、四冠まで後退しました。

しかし、自身3度目の六冠となって迎えた去年4月、残る1つだった「十段」のタイトルを獲得。ついに、囲碁では史上初となる七大タイトル独占を成し遂げました。

その後、去年11月、名人戦で高尾紳路九段に敗れ、七冠の独占は途絶えましたが、このとき、井山さんが七冠を保持していた期間は197日間で、21年前に、将棋でただ1人、七冠を成し遂げた羽生善治さんの168日を上回りました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。