囲碁いご 井山いやま裕太ゆうた度目どめの「七冠ななかん独占どくせん

2017年10月17日 18時42分

※1 8

囲碁いご井山いやま裕太ゆうたかんむりが、17にち静岡県しずおかけん熱海市あたみしおこなわれた対局たいきょくって名人めいじんのタイトルをうばい、自身じしん、2度目どめ七冠ななかん独占どくせんたしました。七大ななだいタイトルを2にわたって独占どくせんしたのは、囲碁いご将棋しょうぎつうじて、井山いやまさんがはじめてです。

井山いやま裕太ゆうたかんむり去年きょねんがつ囲碁いご史上初しじょうはつ七大ななだいタイトル独占どくせんたしたあと、去年きょねん11がつに「名人めいじん」のタイトルをうしないましたが、そのほか6つのタイトルたいとるせんでは強豪きょうごう棋士きし挑戦ちょうせん次々つぎつぎ退しりぞけ、すべて防衛ぼうえいたしました。

そして、ことし8がつから、去年きょねんやぶれた高尾たかお紳路のぶみち名人めいじんいど名人戦めいじんせん七番ななばん勝負しょうぶのぞみ、ここまで3しょうはいと、タイトル奪還だっかんまであと1しょうせまっていました。

16にちから静岡県しずおかけん熱海市あたみしおこなわれていただいきょくは、井山いやまかんむり序盤じょばんから積極的せっきょくてきめたのにたいし、高尾たかお名人めいじんもそれにくらいつき、両者りょうしゃゆずらぬ激戦げきせんとなったすえ、17日午後にちごご時半じはんすぎ、197までで高尾たかお名人めいじん投了とうりょうし、井山いやまかんむり中押なかおちしました。

井山いやまさんはこれで、「名人めいじん」のタイトルをわずか1うばかえし、自身じしん、2度目どめとなる七大ななだいタイトル独占どくせん達成たっせいしました。将棋しょうぎ世界せかいでも、20ねんあままえ平成へいせいねんに、羽生はぶ善治よしはるさんが当時とうじ七大ななだいタイトル独占どくせん達成たっせいしていますが、2度目どめの「七冠ななかん達成たっせいは、囲碁いご将棋しょうぎつうじ、はじめての快挙かいきょです。

井山いやまさんは対局たいきょくのあと、「まだわったばかりでかんがえられる状況じょうきょうではないですが、自分じぶんなりにちかられました。今後こんごも、これまでどおり1きょくきょくまえの1かさねて、なかなか結果けっかせていない世界戦せかいせんにもせいいっぱい挑戦ちょうせんしていきたいです」とはなしていました。

やぶれた高尾たかおさんは、「これが実力じつりょくかなとおもいます。井山いやまさんのつよさをあらためてかんじました。この大舞台だいぶたいでの井山いやまさんとの勝負しょうぶを、今後こんご棋士きし人生じんせいかしたいです」とはなしていました。

井山いやま「まだ完成かんせいとはおもわない」

度目どめの「七冠ななかん」を達成たっせいした井山いやま裕太ゆうたさんは、対局たいきょくのあとの記者会見きしゃかいけんで、「自分じぶん実力じつりょくからすると『できすぎ』で、まだしんじられないというのが正直しょうじきなところです。去年きょねん名人めいじん』をうしなって七冠ななかんくずれたあとは、2度目どめ七冠ななかん現実的げんじつてきではないとおもっていましたが、1きょくきょくかさねでここまでることができました。1度目どめときよりは、成長せいちょうした姿すがたせることができました」と、達成たっせい直後ちょくご心境しんきょうかたりました。

また、今回こんかい度目どめの「七冠ななかん」にいどんだ心境しんきょうについては、「去年きょねんの1度目どめ挑戦ちょうせんときは、二度にどとないチャンスで、でも達成たっせいしたいという気持きもちがつよかったのをおぼえています。今回こんかいは『七冠ななかん目指めざす』というより、1年前ねんまえやぶれた名人戦めいじんせん昨年さくねん以上いじょうたたかいをせたいというおもいがつよくありました。2度目どめ七冠ななかん達成たっせい重圧じゅうあつかんじることはありませんでした」とかたりました。

そのうえで、今後こんご目標もくひょうについて、「これまでの棋士きし人生じんせいなかでは、いまがいちばんつよ成長せいちょうできているとおもっていますが、まだまだ自分自身じぶんじしん、これで完成かんせいとはまったおもっていません。すこしでも成長せいちょうしていきたいというおもいがつよいです。世界的せかいてきれば、自分じぶんまった特別とくべつではなく、世界戦せかいせんではまだおもうような結果けっかせていないので、挑戦ちょうせんつづけて、よい結果けっかのこしていきたいです」とはなしていました。

羽生はにゅう心技体しんぎたいそろわねば しえない」

度目どめの「七冠ななかん」を達成たっせいした囲碁いご井山いやまさんにたいし、将棋界しょうぎかいでただ1にん、21年前ねんまえ当時とうじの「七冠ななかん独占どくせん達成たっせいした羽生はぶ善治よしはるさんがコメントをせ、「2度目どめ七冠ななかん達成たっせいまことにおめでとうございます。こころわざからだ、のすべてがそろわなければ偉大いだい快挙かいきょしえないとおもいました。まだまだ、井山いやまさんのベストパフォーマンスはびるとおもいますので、今後こんご独創的どくそうてき囲碁いごつづけてくことをファンのみなさんとともにたのしみにしています」と祝福しゅくふく言葉ことばおくりました。

これまでのあゆ

前人未踏ぜんじんみとうの2度目どめの「七冠ななかん」を達成たっせいした井山いやま裕太ゆうたさんは、大阪おおさか東大阪市ひがしおおさかし出身しゅっしんの28さいおさなとき祖父そふ影響えいきょう囲碁いごをはじめ、6年生ねんせいまでが対象たいしょう小学生しょうがくせい全国大会ぜんこくたいかいに2年生ねんせい優勝ゆうしょうするなど、はやくからその才能さいのう注目ちゅうもくされました。

中学ちゅうがく年生ねんせいのときにわずか12さいでプロに。その数々かずかず最年少さいねんしょう記録きろくえるなど、平成へいせいまれの新星しんせいとして期待きたいあつめました。20さいいどんだ平成へいせい21ねん名人戦めいじんせんで、当時とうじ囲碁いごかい頂点ちょうてん君臨くんりんしていた張栩ちょううだんやぶって史上しじょう最年少さいねんしょうの「名人めいじん」となり、はじめて、七大ななだいタイトルの1つを獲得かくとくします。

そのも、強豪きょうごう圧倒あっとうするつよさをつづけ、平成へいせい25ねんには、七大ななだいタイトルのうち6つを同時どうじ保有ほゆうする「六かんむり」を史上しじょうはじめて達成たっせいし、ぜんかんむり制覇せいはまであと一歩いっぽせまりましたが、防衛戦ぼうえいせんやぶれ、一、四かんまで後退こうたいしました。

しかし、自身じしん度目どめの六かんとなってむかえた去年きょねんがつのこる1つだった「十だん」のタイトルを獲得かくとく。ついに、囲碁いごでは史上初しじょうはつとなる七大ななだいタイトル独占どくせんげました。

その去年きょねん11がつ名人戦めいじんせん高尾たかお紳路のぶみちだんやぶれ、七冠ななかん独占どくせん途絶とだえましたが、このとき、井山いやまさんが七冠ななかん保持ほじしていた期間きかんは197日間にちかんで、21年前ねんまえに、将棋しょうぎでただ1にん七冠ななかんげた羽生はぶ善治よしはるさんの168にち上回うわまわりました。