核禁条約かくきんじょうやく不参加ふさんか裏切うらぎり」ノーベル平和賞へいわしょうのICAN

2017年10月10日 07時30分

※1 8

ことしのノーベル平和賞へいわしょうえらばれた「ICAN」=「核兵器かくへいき廃絶はいぜつ国際こくさいキャンペーン」のメンバーが、ニューヨークの国連こくれん本部ほんぶ記者会見きしゃかいけんし、日本にっぽん政府せいふ核兵器かくへいき開発かいはつ保有ほゆうなどを禁止きんしする核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく参加さんかしないのは、70ねんにわたって核廃絶かくはいぜつうったえてきた被爆者ひばくしゃたいする裏切うらぎりだとして、あらためて参加さんかもとめました。

ICANのメンバーは9にち、ノーベル平和賞へいわしょう受賞じゅしょう決定後けっていごはじめて、核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく採択さいたくとなった国連こくれん本部ほんぶ記者会見きしゃかいけんし、条約じょうやく参加さんかしない核保有国かくほゆうこく日本にっぽんなどかくかさのもとにある国々くにぐに対応たいおう批判ひはんしました。

このなかで、ICANでアジア太平洋たいへいよう地区ちく統括とうかつするティム・ライト日本にっぽん政府せいふ対応たいおうについて「70ねんにわたって核兵器かくへいき危険性きけんせい人類じんるい警告けいこくし、核廃絶かくはいぜつうったえてきた被爆者ひばくしゃたいする裏切うらぎりだ」とべ、あらためて条約じょうやくへの参加さんかもとめました。

また、ベアトリス・フィン事務じむ局長きょくちょうはノーベル平和賞へいわしょう受賞じゅしょうについて「トランプ大統領だいとうりょう核兵器かくへいき放棄ほうきするとはおもわないが、壊滅的かいめつてき被害ひがいをもたらす核兵器かくへいき反対はんたいする運動うんどうへの後押あとおしになる。かくへの脅威きょういたかまるなかきわめてタイムリーだ」とべ、条約じょうやくへの理解りかいひろめ、各国かっこく政府せいふうごかす活動かつどうをさらにすすめるかんがえをしめしました。

核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくにはこれまでに53のくに地域ちいき署名しょめいしており、ICANはよりおおくのくに参加さんかびかけ、発効はっこう必要ひつような50かこく批准ひじゅん来年らいねんちゅう発効はっこう目指めざすとしています。