上野動物園のパンダ「シャンシャン」 名前応募者招いて式典

2017年10月08日 12時12分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

東京・上野動物園でことし6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん、「シャンシャン」の名前を応募した人を招待して、名前をお披露目する式典が開かれました。

ことし6月に上野動物園で生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前は先月、漢字の「香」という字を重ねた「シャンシャン」に決まりました。

動物園では8日、「シャンシャン」の名前を応募した5161人の中から、東京都の8歳の女の子と61歳の女性、それに神奈川県の17歳の男子高校生の3人を招待して、名前をお披露目する式典が開かれました。

式典では上野動物園の福田豊園長から「シャンシャン」の写真とともに、命名した3人の名前がそれぞれ記されたプレートが記念として手渡されました。

このあと、「シャンシャン」が誕生してからこれまでの成長過程を記録した動画がモニターで流され、動物園の担当者が「シャンシャン」がすくすくと成長している様子を報告しました。

招待された東京都の小学3年生、倉田栞帆さん(8歳)は「『上野』の『上』の字を『シャン』と読むので、『シャンシャン』にしました。名前が決まってとてもびっくりしましたが、うれしかったです。元気にかわいく成長した『シャンシャン』の姿を早く見たいです」と話していました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。