北海道ほっかいどう 全身ぜんしんくろめずらしいキタキツネを撮影さつえい

2017年10月04日 04時32分

※1 8

北海道ほっかいどうオホーツクおほーつくかいがわにある斜里町しゃりちょうやまなかで、全身ぜんしんくろめずらしいキタキツネが撮影さつえいされました。

このくろいキタキツネは、斜里町しゃりちょう町立ちょうりつ知床しれとこ博物館はくぶつかん動物どうぶつ観察用かんさつようとして、町内ちょうないやまなか設置せっちしたカメラで撮影さつえいされました。先月せんげつ23にち午後ごごごろ、全身ぜんしんくろ体長たいちょう1メートルあまりのキタキツネがうつっていたということです。

博物館はくぶつかんによりますと、キタキツネのなかには、背中せなかなど部分的ぶぶんてきくろ毛並けなみをしたものはいますが、全身ぜんしんくろいものはめずらしいということです。

知床しれとこ博物館はくぶつかん村上むらかみ隆広たかひろ学芸員がくげいいんによりますと北海道ほっかいどうでは、大正たいしょうから昭和しょうわにかけて、毛皮けがわをとるために、くろいキタキツネがカナダから輸入ゆにゅうされていて、その野生化やせいかしたキツネの遺伝子いでんし突然変異とつぜんへんいあらわれたのではないかということです。

村上むらかみ学芸員がくげいいんは「最初さいしょくろいぬかとおもいましたが、しっぽがフサフサでかおほそかったのでキタキツネだとわかりました。10年間ねんかん勤務きんむしていますが全身ぜんしんくろいキタキツネははじめてました」とはなしていました。