イタリアでびょうぶてん 日本人にほんじん自然観しぜんかん称賛しょうさん

2017年10月04日 06時24分

イタリアでびょうぶ展  日本人の自然観に称賛
※1 8

室町時代むろまちじだいから江戸時代えどじだいにかけて、日本にっぽん自然しぜん題材だいざいえがかれたびょうぶの展示会てんじかいがイタリアではじまり、ふるくからつたわる日本人にほんじん自然観しぜんかんおおきな称賛しょうさんせられました。

この展示会てんじかいは、日本にっぽんとイタリアの国交こっこう樹立じゅりつ150周年しゅうねんわせて文化庁ぶんかちょうひらいたもので、イタリア中部ちゅうぶフィレンツェの美術館びじゅつかんには、国宝こくほうくに重要じゅうよう文化財ぶんかざいふくむ39てんのびょうぶが展示てんじされています。

このうち、大阪おおさかてん野山のやま金剛寺こんごうじ所有しょゆうするびょうぶは、満開まんかいさくら紅葉こうようといった四季しき折々おりおり日本にっぽん自然しぜん大胆だいたん表現ひょうげんされています。また、京都市きょうとし相国寺しょうこくじ所有しょゆうするびょうぶは、3ひきあいらしいさるえがいた水墨画すいぼくがで、自然しぜん動物どうぶつたいする情愛じょうあいがにじみています。

まとまったかず日本にっぽん代表だいひょうするびょうぶがヨーロッパで展示てんじされるのは今回こんかいはじめてで、鑑賞かんしょうおとずれたひとは、ふるくからつたわる日本人にほんじん自然観しぜんかんおおきな称賛しょうさんせていました。

会場かいじょうとなったウフィツィ美術館びじゅつかんのアイケ・シュミット館長かんちょうは「日本にっぽん文化ぶんかへの関心かんしん日本にっぽんおとずれたいという気持きもちをたかめる機会きかいになるとおもう」とはなしていました。この展示会てんじかい来年らいねんがつにちまでひらかれます。