昨年度、東京都内を訪れた外国人旅行者の1人当たりの支出額は、いわゆる「爆買い」の減速などを受けて、13万円余りと、去年の同じ時期より13%減ったことがわかりました。


東京都は去年4月からことし3月にかけて、羽田空港や成田空港の国際線ターミナルで都内を訪れた外国人を対象に滞在中の支出額などについてアンケート調査をしました。

その結果、1人当たりの支出額は、中国人旅行客によるいわゆる「爆買い」の減速などを受けて、推計で13万1871円と、前の年度に比べておよそ2万円、率にして13%減りました。

滞在中の行動をたずねたところ、「日本食を楽しむ」が87.2%と最も多く、次いで「日用雑貨などのショッピング」が66.3%、新宿などの高層ビルや近代的なまち並みの探索が60.7%となりました。

主な訪問先ではアジア地域からの旅行者を中心に「新宿・大久保」が56.9%と最も多く、次いで「浅草」が48.2%、「銀座」が48.1%、「渋谷」が43.9%で、このうち欧米のほとんどの国の旅行者が渋谷のスクランブル交差点に興味を持って訪れていることなどもわかりました。

東京都は「今回の結果から外国人旅行者のニーズをくみ取り、今後の観光施策に反映させていきたい」としています。

イージー・ニュース

旅行りょこう外国人がいこくじん東京とうきょう使つかったおかねすくなくなる