アメリカ・ラスベガスで59人が死亡した銃の乱射事件で、警察は、現場近くで死亡していた容疑者の男が、40丁を超える銃や大量の銃弾などを所持していたことを明らかにし、男の計画的な犯行と見て動機の解明を急いでいます。


アメリカ西部ネバダ州ラスベガス中心部にあるホテルやカジノなどが入った複合施設の近くで、1日夜、銃の乱射事件があり、地元の警察によりますとこれまでに59人が死亡したほか、527人がけがをし、アメリカで起きた銃乱射事件としては過去最悪となりました。

警察は、近くのホテルの32階の部屋で死亡していた、64歳のスティーブン・パドック容疑者が部屋の窓ガラスを割って通りを隔てた屋外のコンサート会場に向けて銃を乱射したと見て調べています。

警察は、2日、記者会見で、男がいたホテルの部屋から、23丁の銃が発見されたほか、現場から100キロ以上離れた自宅からも、19丁の銃や大量の銃弾、それに爆発物が見つかったことを新たに明らかにしました。

また、この事件をめぐっては、過激派組織IS=イスラミックステートがみずからの犯行だと主張していますが、警察は、現段階では、つながりを確認できていないとしたうえで、男の単独による犯行だという見方を示しました。

警察は、男が周到な準備を重ねて犯行に及んだと見て、動機の解明を急いでいます。


容疑者の交際女性は東京滞在か?

ラスベガスの銃乱射事件で、現地の警察は、2日、記者会見で、男の交際相手の女性について、「東京にいると思う」と述べて、東京に滞在しているのではないかという見方を示しましたが、行方はわかっていないということです。

この女性について複数のメディアは、フィリピン出身だと伝えています。

捜査当局は、女性は、事件との関連はないとしていますが、男の動機など何らかの事情を知っている可能性があると見て、外国にいると見られる女性がアメリカに戻りしだい話を聞く方針です。


菅官房長官「断固非難 米に心から連帯」

菅官房長官は閣議の後の記者会見で、「本件のような無差別で大規模な銃撃事件は、いかなる理由があろうと許すことができず、断固として非難したい。お亡くなりになられた方々、およびご遺族の方々に心より哀悼の意を表すると同時に、負傷者の皆さんの1日も早い回復を祈念する。この困難な時を乗り越えようとする米国および米国民に、わが国として心からの連帯の意を表明したい」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は、「現時点までに日本人が巻き込まれたという情報には接していない」と述べました。

また、菅官房長官は、現地の警察が、容疑者の男の交際相手の女性が「東京にいると思う」と述べたことについて、「政府としては承知していない。いずれにしろ現段階においてそうしたことには接していない」と述べました。


林文科相「ベガス訪問の修学旅行生は全員無事」

林文部科学大臣は閣議の後の記者会見で、「さいたま市の私立高校が修学旅行でラスベガスを訪問しているが、生徒および教職員の合計425人全員の無事が確認されている。現在、文部科学省に対し、留学生その他の被害情報は届いていない。今後とも、情報の収集、および必要な対応をとっていく」と述べました。

イージー・ニュース

ラスベガス 大勢おおぜいひとじゅうたれて59にんくなる