アメリカのツイッター社は、これまで140字までしか投稿できなかった文字数の制限について、日本語、中国語、韓国語を除き、試験的に280字に増やしたと発表しました。文字数を増やすことで、利用者の拡大を目指す狙いもあると見られます。


これはツイッター社が26日、みずからのツイッターのアカウント上で発表しました。それによりますと、日本語、中国語、韓国語を除く各言語でこれまで140字までしか投稿できなかった文字数の制限について、一部の利用者を対象に試験的に280字に増やしたとしています。

理由についてツイッター社は、英語では140字の制限いっぱいの投稿が全体の9%あるとして「英語で投稿する人にとっては大きな不満の種だった」としています。

一方、日本語で140字の文字数の制限を続けることについては、日本語の投稿の多くは15字程度で、140字の投稿は全体の0.4%にとどまるためとしています。

ツイッターをめぐっては、アメリカのトランプ大統領が頻繁に投稿することで知られていますが、利用者は伸び悩み業績も低迷していて、文字数を増やすことで利用者の拡大を目指す狙いもあると見られます。

イージー・ニュース

ツイッター 英語えいごなどはいままでの2ばいくことができる