23日午前、関西空港を離陸したオランダ行きの旅客機から重さ4キロ余りの部品が落下して大阪市の中心部を走っていた乗用車にぶつかりました。けが人はいませんでしたが、国の運輸安全委員会は、重大なトラブルにあたるとして航空事故調査官を大阪に派遣し、原因の調査にあたることにしています。


国土交通省関西空港事務所によりますと、23日午前11時ごろ、関西空港を離陸したKLMオランダ航空のボーイング777型の旅客機から部品が落下し、大阪市の中心部を走っていた乗用車にぶつかったということです。

落下したのは、右側の主翼の後ろの胴体部分についている複合素材のパネルの一部で、縦およそ60センチ、横およそ1メートルで、重さはおよそ4.3キロです。落下したパネルがぶつかった乗用車は屋根がへこんだほか、後ろの窓ガラスが割れましたが、けがをした人はいなかったということです。

国の運輸安全委員会は、航空事故につながりかねない重大なトラブルにあたる「重大インシデント」として、24日午後、航空事故調査官2人を大阪に派遣し、落下した部品を調べるほか、航空会社など関係先への聞き取りなどを行って原因の調査にあたることにしています。

この旅客機には、乗客乗員321人が乗っていましたが、パネルが落下したと見られる際に機内に異常がなかったためそのまま飛行を続け、すでにオランダの首都アムステルダムに到着しています。


KLMオランダ航空「心から遺憾 直ちに調査開始」

部品の落下を受けて、KLMオランダ航空は24日、「こうした事案が起きてしてしまったことを心から遺憾に思っている。直ちに調査を開始し、日本の航空当局やボーイング社と緊密に連絡をとりあっている」とするコメントを発表しました。

イージー・ニュース

んでいる飛行機ひこうき一部いちぶはしっているくるまちてきた