クロウミガメのあかちゃん誕生たんじょう 飼育しいくでの繁殖はんしょく世界初せかいはつ 沖縄おきなわ

2017年09月24日 18時51分

※1 8

沖縄県おきなわけん本部町もとぶちょうにある海洋かいようはく公園こうえんで、先月せんげつから今月こんげつにかけて「クロウミガメ」のあかちゃん11ひき誕生たんじょうしました。海洋かいようはく公園こうえんによりますと、クロウミガメの飼育しいくでの繁殖はんしょく世界せかいはじめてだということです。

クロウミガメは、メキシコやペルーなど、ひがし太平洋たいへいよう沿岸えんがんおも生息地せいそくちで、本部町もとぶちょう海洋かいようはく公園こうえんでは、平成へいせい11ねんと21ねん沖縄おきなわ本島ほんとう沖合おきあいでそれぞれ保護ほごされたオスとメスのクロウミガメを飼育しいくし、おととしからは2とう同居どうきょするかたちそだてていました。

その結果けっか、ことし6がつから先月せんげつにかけて、メスが262たまごみ、今月こんげつ16にちまでに、11ひきあかちゃんが誕生たんじょうしたということです。
海洋かいようはく公園こうえんによりますと、クロウミガメの飼育しいくでの繁殖はんしょく世界せかいはじめてだということです。

施設しせつのプールでは、甲羅こうら直径ちょっけい7センチほどのガメが元気げんきよくおよいでいて、おとずれたひとたちはあいらしい姿すがた見入みいっていました。
飼育しいく担当たんとうする海洋かいようはく公園こうえん真栄田まえだけんさんは「今回こんかい繁殖はんしょく時期じき産卵期さんらんきかんることができたので、今後こんご飼育しいくつづけ、生態せいたいくわしく調しらべていきたい」とはなしていました。