核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく 国連こくれん署名しょめいしき 50のくに地域ちいき署名しょめい

2017年09月21日 08時20分

※1 8

ニューヨークでひらかれている国連こくれん総会そうかいかく・ミサイル開発かいはつ加速かそくさせる北朝鮮きたちょうせんへの対応たいおう焦点しょうてんとなるなか核兵器かくへいき開発かいはつ保有ほゆうなどを法的ほうてき禁止きんしする核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく署名しょめいしきおこなわれ、条約じょうやく早期そうき発効はっこう目指めざして20日中にちじゅうに50のくに地域ちいき署名しょめいしました。

核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくは、核兵器かくへいき開発かいはつ保有ほゆう使用しようなどを国際法こくさいほう禁止きんし核兵器かくへいき廃絶はいぜつにつなげようというもので、ことし7がつ国連こくれん加盟国かめいこくの6わりえる122のくに地域ちいき賛成さんせいして採択さいたくされました。

しかしアメリカやロシアなどの核兵器かくへいき保有国ほゆうこくや、日本にっぽんなどアメリカのかくかさまもられた国々くにぐには、「現実的げんじつてき核軍縮かくぐんしゅくにはつながらない」として、条約じょうやく反対はんたいしています。20にち、ニューヨークの国連こくれん本部ほんぶ条約じょうやく署名しょめいしきおこなわれ、国連こくれんのグテーレス事務じむ総長そうちょうは、「条約じょうやく核兵器かくへいきのない世界せかいけた重要じゅうよう一歩いっぽとなる。世界せかいどもたちの未来みらい危険きけんにさらすことはできない」として、条約じょうやく意義いぎ強調きょうちょうしました。

また条約じょうやく交渉こうしょう議長国ぎちょうこくつとめたコスタリカのソリス大統領だいとうりょうは、「いまだに核兵器かくへいき安全保障あんぜんほしょう政策せいさくなかえているくには、人類じんるい地球ちきゅう危険きけんおとしいれている。すべてのくに核廃絶かくはいぜつけたあゆみをすすめるようもとめる」とべ、核兵器かくへいき保有国ほゆうこくにも条約じょうやくへの参加さんかうながしました。

このあと42のくに地域ちいき代表だいひょう順番じゅんばん署名しょめいし、会場かいじょうからおおきな拍手はくしゅがっていました。条約じょうやくは50かこく批准ひじゅん手続てつづきをえた90日後にちご発効はっこうすることになっていますが、署名しょめいしきあと署名しょめいするくにえ、20にち夕方ゆうがた段階だんかいで50のくに地域ちいきたっしました。

ただ、ことしの国連こくれん総会そうかいでは、かく・ミサイル開発かいはつ加速かそくする北朝鮮きたちょうせんたいして、アメリカのトランプ大統領だいとうりょう軍事力ぐんじりょく行使こうしさない姿勢しせいしめすなど、核軍縮かくぐんしゅく機運きうんはしぼんでいるのが実情じつじょうで、あらたな条約じょうやくにいかに実効性じっこうせいたせるかかが、つづ課題かだいとなっています。

条約じょうやく採択さいたく被爆者ひばくしゃ貢献こうけん 国連こくれん事務じむ総長そうちょうがたたえる

核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく署名しょめいしきでは、広島ひろしま長崎ながさき被爆者ひばくしゃ条約じょうやく採択さいたくまでにおおきく貢献こうけんしたことがたびたび指摘してきされました。国連こくれんのグテーレス事務じむ総長そうちょうは、スピーチのなかで「被爆者ひばくしゃかくによる破滅的はめつてき被害ひがいについて何度なんど気付きづかせてくれ、交渉こうしょうすすめる精神的せいしんてき原動力げんどうりょくとなった」と、貢献こうけんをたたえました。

署名しょめいしき参加さんかした日本にっぽん被団協ひだんきょう日本にっぽん原水爆げんすいばく被害者ひがいしゃ団体だんたい協議会きょうぎかい代表だいひょう委員いいんで、長崎ながさき被爆ひばくした田中たなかひろしさん(85)は、各国かっこく代表だいひょう署名しょめいするたびに拍手はくしゅおくっていました。田中たなかさんは、「もっと犯罪的はんざいてき人道的じんどうてき核兵器かくへいき禁止きんしする条約じょうやくがこれまでなく、被爆者ひばくしゃとしてくやしい、腹立はらだたしい気持きもちでさけつづけてきました。各国かっこく署名しょめいする様子ようすなみだるくらいうれしかったです。くなった被爆者ひばくしゃたちもよろこんでくれるとおもいます」とはなしていました。

その一方いっぽうで、日本にっぽん政府せいふ条約じょうやく参加さんかしていないことについては、「非常ひじょう残念ざんねんです。核兵器かくへいきがいかに犯罪的はんざいてき人道的じんどうてき残虐ざんぎゃくかということを唯一ゆいいつ被爆国ひばくこくっている日本にっぽん政府せいふはほかのくにつたえるべきで、条約じょうやく参加さんかすることをもとめていきたいとおもいます。そうでないとわたしたちの政府せいふ総理そうりなのかというおもいがします」とはなしていました。

また、長崎市ながさきし田上たうえ市長しちょうは、核兵器かくへいき廃絶はいぜつ長年ながねんうったえながら先月末せんげつまつから相次あいついでくなった長崎ながさき被爆者ひばくしゃ谷口たにぐち稜曄すみてるさんと、土山つちやま秀夫ひでおさんの遺影いえいって署名しょめいしき参加さんかしました。

田上たうえ市長しちょうは、「条約じょうやくができるまでにはおおくの被爆者ひばくしゃ人生じんせいをかけた努力どりょくがあった。その代表だいひょうとして署名しょめい瞬間しゅんかんていただきたいとおもいました。条約じょうやくによって核兵器かくへいきのない世界せかいつくっていくというおおきな目標もくひょうができたとおもいます。今後こんごおおくのひととともに努力どりょくをしていきたい」とはなしていました。

国際こくさいNGOの事務じむ局長きょくちょう歴史的れきしてき瞬間しゅんかんだった」

核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく実現じつげんんできた国際こくさいNGO、ICAN=核兵器かくへいき廃絶はいぜつ国際こくさいキャンペーンのベアトリス・フィン事務じむ局長きょくちょうは、40をえるくに地域ちいき条約じょうやく署名しょめいしたことについて、「歴史的れきしてき瞬間しゅんかんだった。おおくのくに条約じょうやく最初さいしょ署名しょめいするくにになろうとしていたが、さらにおおくのくに署名しょめいするようはたらきかけていきたい」とべました。

その一方いっぽう北朝鮮きたちょうせん核開発かくかいはつへの対応たいおう国連こくれん総会そうかい争点そうてんとなり、条約じょうやく非現実的ひげんじつてきではないかという指摘してきがあることについて、「北朝鮮きたちょうせんとアメリカは、世界中せかいじゅうおおきなリスクをおよぼしている。トランプ大統領だいとうりょう北朝鮮きたちょうせん完全かんぜん壊滅かいめつするほか選択肢せんたくしはなくなるとべたことは言語道断ごんごどうだんだ。核兵器かくへいきおおくのくににとって安全保障あんぜんほしょう貢献こうけんしない不要ふようなものであり、条約じょうやく核保有国かくほゆうこく兵器へいき廃棄はいきすすめなければならないという、つよいシグナルとなることをねがっている」とはなしていました。

NATO 条約じょうやく反対はんたい立場たちば表明ひょうめい

国連こくれん総会そうかい核兵器かくへいき開発かいはつ保有ほゆうなどを法的ほうてき禁止きんしする核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく署名しょめいおこなわれたことをけて、NATO=きた大西洋たいせいよう条約じょうやく機構きこうは20にち声明せいめい発表はっぴょうし、「北朝鮮きたちょうせんによる核開発かくかいはつなどいきおいを脅威きょういたいして国際こくさい社会しゃかい一致いっちしなければならないときに安全保障あんぜんほしょうじょう緊急きんきゅう課題かだい考慮こうりょしていない」として、条約じょうやく反対はんたいする立場たちば表明ひょうめいしました。

そのうえで「核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくは、50ねんちかくにわたる核不拡散かくふかくさん軍縮ぐんしゅく枠組わくぐみとはあいいれないもので、国際こくさい社会しゃかい分断ぶんだんにつながりかねない」として、核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくについて慎重しんちょう対応たいおうするよう各国かっこくもとめました。さらに「NATOがかく能力のうりょく基本的きほんてき目的もくてき平和へいわ維持いじ攻撃こうげき阻止そしであり、核兵器かくへいき存在そんざいするかぎりNATOはかく同盟どうめいでありつづける」として核戦略かくせんりゃく堅持けんじする姿勢しせい強調きょうちょうしました。

べい条約じょうやく賛成国さんせいこく署名しょめいしないよう圧力あつりょく

核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくは、ことし7がつ国連こくれん加盟国かめいこくの6わりえる122のくに地域ちいき賛成さんせい採択さいたくされましたが、各国かっこくのメディアは、アメリカが条約じょうやく賛成さんせいしたくにたいして署名しょめいおこなわないよう圧力あつりょくをかけているとつたえています。

このうちNATO=きた大西洋たいせいよう条約じょうやく機構きこう主導しゅどうする軍事ぐんじ演習えんしゅう参加さんかし、アメリカと軍事面ぐんじめん関係かんけいつよ北欧ほくおうのスウェーデンについては、アメリカのマティス国防こくぼう長官ちょうかんがフルトクビスト国防相こくぼうしょう書簡しょかんおくり、条約じょうやく署名しょめいすれば2国間こくかん防衛ぼうえい協力きょうりょく悪影響あくえいきょうおよぼすと警告けいこくしたとつたえられています。

またスリランカについては、複数ふくすう政府せいふ関係者かんけいしゃはなしとして、アメリカの圧力あつりょくによって条約じょうやく署名しょめいするのがむずかしくなっているとつたえられています。

このほか、条約じょうやく交渉こうしょう活発かっぱつ発言はつげんしてきたスイスやマーシャル諸島しょとうなども、さまざまな圧力あつりょく署名しょめいできないのではないかという見方みかたており、最終的さいしゅうてきなんこく条約じょうやく加盟かめいするのか、見通みとおせない状況じょうきょうです。

河野こうの外相がいしょう核廃絶かくはいぜつへのおも共有きょうゆう 条約じょうやくには署名しょめいせず」

河野こうの外務がいむ大臣だいじんは、訪問先ほうもんさきのニューヨークで記者団きしゃだんたいし、「核兵器かくへいき人道じんどうせいきびしい安全保障あんぜんほしょう環境かんきょうたいする認識にんしきなかで、残念ざんねんながら『核兵器かくへいきくに』と『核兵器かくへいきくに』のあいだ分断ぶんだんされており、『核兵器かくへいきくに』のあいだでも分断ぶんだんおおきくなっているのが現実げんじつだ」とべました。

そのうえで河野こうの大臣だいじんは、「究極的きゅうきょくてき核廃絶かくはいぜつというおもいは共有きょうゆうするが、日本にっぽんのアプローチはちがうので、条約じょうやくへの署名しょめいはしない。しかし唯一ゆいいつ戦争せんそう被爆国ひばくこくであるわがくには、さまざまな分断ぶんだんえて、核軍縮かくぐんしゅく核廃絶かくはいぜつけて、世界せかいあゆみをすすめるよう努力どりょくしていきたい」とべました。