北朝鮮きたちょうせんミサイル 飛行ひこう距離きょり前回ぜんかいより1000キロびる

2017年09月15日 12時04分

※1 8

北朝鮮きたちょうせんから15にちあさ弾道だんどうミサイル1ぱつ発射はっしゃされ、北海道ほっかいどう上空じょうくう通過つうかしたあと襟裳岬えりもみさきひがし、およそ2200キロの太平洋たいへいようじょう落下らっかしたと推定すいていされています。前回ぜんかい発射はっしゃされた新型しんがた中距離ちゅうきょり弾道だんどうミサイルとおなじだった可能性かのうせいがありますが、飛行ひこう距離きょり前回ぜんかいより1000キロびていて、防衛省ぼうえいしょう北朝鮮きたちょうせんがミサイルの性能せいのう確実かくじつ向上こうじょうさせているとして分析ぶんせきすすめています。

防衛省ぼうえいしょうによりますと、15日午前にちごぜん57ふんごろ、北朝鮮きたちょうせん西岸さいがんのスナンから弾道だんどうミサイル1ぱつ東北東とうほくとう方向ほうこうけて発射はっしゃされました。

ミサイルは午前ごぜんふんごろから6ふんごろにかけて北海道ほっかいどう渡島ととう半島はんとう襟裳岬えりもみさき付近ふきん上空じょうくう通過つうかし、発射はっしゃからおよそ19分後ふんご午前ごぜん16ふんごろ、襟裳岬えりもみさきひがし、およそ2200キロの太平洋たいへいようじょう落下らっかしたと推定すいていされるということです。

ミサイルの飛行ひこう距離きょりはおよそ3700キロ、高度こうどはおよそ800キロと推定すいていされ、落下らっかした海域かいいき日本にっぽん排他的はいたてき経済けいざい水域すいいき外側そとがわだということです。日本にっぽん国内こくないへの落下物らっかぶつ確認かくにんされておらず、船舶せんぱく航空機こうくうきへの被害ひがい情報じょうほうはいっていないということです。

防衛省ぼうえいしょうによりますと、発射はっしゃされたミサイルは、飛行ひこう距離きょりやコースなどから先月せんげつ29にち発射はっしゃされた北朝鮮きたちょうせんが「火星かせい12がた」と新型しんがた中距離ちゅうきょり弾道だんどうミサイルとおなじものだった可能性かのうせいがあるということです。

今回こんかい発射はっしゃ方角ほうがくは、前回ぜんかいとほぼおなじでしたが、今回こんかい前回ぜんかいくらべて飛行ひこう距離きょりがおよそ1000キロびて、高度こうどもおよそ250キロたかくなったと推定すいていされます。

北朝鮮きたちょうせん先月せんげつ、アメリカのグアム島周辺しましゅうへん海上かいじょうにミサイルを発射はっしゃする計画けいかく検討けんとうしていると発表はっぴょうしましたが、今回こんかい飛行ひこう距離きょりグアムぐあむとうまでの距離きょり、およそ3400キロをさらに300キロえるもので、ミサイルがグアムぐあむとうまで到達とうたつする能力のうりょくしめしたかたちです。

防衛省ぼうえいしょう北朝鮮きたちょうせんがミサイルの性能せいのう技術ぎじゅつ信頼性しんらいせい確実かくじつ向上こうじょうさせているとして、発射はっしゃ意図いとなどくわしい状況じょうきょう分析ぶんせきすすめています。