イグ・ノーベルのーべるしょう 雌雄しゆうぎゃく昆虫こんちゅう発見はっけん 日本人にほんじん研究者けんきゅうしゃ生物学せいぶつがくしょう

2017年09月15日 11時15分

※1 8

ノーベルのーべるしょうのパロディーとしてユニークな研究けんきゅうおくられる「イグ・ノーベルのーべるしょう」の授賞式じゅしょうしきがアメリカのハーバード大学だいがくおこなわれ、メスにオスのような生殖器せいしょくきがある昆虫こんちゅう発見はっけんした北海道大学ほっかいどうだいがくなどの研究者けんきゅうしゃが「生物学せいぶつがくしょう」にえらばれ、日本人にほんじん受賞じゅしょうは11ねん連続れんぞくとなりました。

「イグ・ノーベルのーべるしょう」は、1991ねんノーベルのーべるしょうのパロディーとしてアメリカの科学かがく雑誌ざっしはじめたしょうで14にち、ハーバード大学だいがくで、授賞式じゅしょうしきおこなわれました。

このうち、「生物学せいぶつがくしょう」は北海道大学ほっかいどうだいがく吉澤よしざわ和徳かずのり准教授じゅんきょうじゅと、慶応大学けいおうだいがく上村うえむら佳孝よしたか准教授じゅんきょうじゅらが受賞じゅしょうし、日本人にほんじんは11ねん連続れんぞく受賞じゅしょうとなりました。

吉澤よしざわ准教授じゅんきょうじゅらは、ブラジルの洞窟どうくつで、メスがわ生殖器せいしょくき伸縮しんしゅく可能かのうかたちで、オスの腹部ふくぶまれる「チャタテムシ」の仲間なかま昆虫こんちゅう発見はっけんしました。

この昆虫こんちゅうは、メスがオスの腹部ふくぶから精子せいしって生殖せいしょくするということで、せいちがいをかんがえるのに重要じゅうよう示唆しさあたえるとされています。

研究けんきゅう内容ないよう発表はっぴょうされると、会場かいじょう困惑こんわくした雰囲気ふんいきになりましたが、吉澤よしざわ准教授じゅんきょうじゅらが「世界中せかいじゅう辞書じしょには、男性だんせい生殖器せいしょくき男性だんせいのものとかれていますが、わたしたちの発見はっけんによってすべて時代遅じだいおくれになりました」とはなすビデオメッセージが紹介しょうかいされると、わらいと拍手はくしゅつつまれました。

会場かいじょう研究けんきゅう内容ないよういていた女性じょせいは、「わたし友人ゆうじんにもせい区別くべつえてきているひとがいるので、興味深きょうみぶか研究けんきゅうだとおもいました」などとはなしていました。

吉澤よしざわ准教授じゅんきょうじゅ「ほとんど見向みむきもしなかった」

北海道大学ほっかいどうだいがく吉澤よしざわ和徳かずのり准教授じゅんきょうじゅ研究けんきゅう対象たいしょうとしたのは、「チャタテムシ」。わたしたちのいえなかでもつけることができるごくありふれた昆虫こんちゅうのため、ほかの研究者けんきゅうしゃは、ほとんど見向みむきもしなかったといいます。

吉澤よしざわさんは「自分じぶんは、チャタテムシ研究けんきゅう第一人者だいいちにんしゃおもっているが、それは、日本にっぽん研究けんきゅうしているのは、わたしぐらいしかいないためで世界的せかいてきても数人すうにんしかいないのでは」とはなしています。

このため吉澤よしざわさんが研究けんきゅうをスタートさせると国内外こくないがいから新種しんしゅのチャタテムシを次々つぎつぎ発見はっけんすることができたといいます。なかでもひかりとどかず、えさもわずかしかないため生物せいぶつ独自どくじ進化しんかげる可能性かのうせいがある洞窟どうくつ着目ちゃくもくしたところオスとメスの生殖器せいしょくき逆転ぎゃくてんという世界的せかいてきにもれいがない研究成果けんきゅうせいかにたどりつけたということです。

今回こんかい授賞式じゅしょうしき九州地方きゅうしゅうちほう洞窟どうくつでの調査ちょうさがあり出席しゅっせきできなかったという吉澤よしざわ准教授じゅんきょうじゅは「とても著名ちょめいしょうですし、すごくうれしくおもいました。われわれのかんじているせいがどうしてしょうじたのか、わかっていない部分ぶぶんおおいのでこれからも研究けんきゅうすすめたい」とはなしています。

九州大学きゅうしゅうだいがく 丸山まるやま准教授じゅんきょうじゅ「とてもおおきな発見はっけん

分類学ぶんるいがくくわしい九州大学きゅうしゅうだいがく丸山まるやま宗利むねとし准教授じゅんきょうじゅは「今回こんかい発見はっけん緻密ちみつ形態けいたい観察かんさつがあってこその成果せいかで、せいという生物学せいぶつがく重要じゅうよう問題もんだいかんがえるうえでとてもおおきな発見はっけんだ。形態けいたいをもとにした分類学ぶんるいがくはなかなかない学問がくもんだが、現在げんざいおおきく報道ほうどうされているヒアリのような問題もんだいも、ヒアリがほかのアリと形態的けいたいてきにきちんと区別くべつできることが重要じゅうようであり、分類学ぶんるいがくのさまざまなかさねがあってはじめてそれが可能かのうになっていることをおおくのひとってほしい」とはなしています。

日本にっぽんからの受賞じゅしょう11ねん連続れんぞく「すごいことだとおもう」

イグ・ノーベルのーべるしょう主催しゅさいしているマーク・エイブラハムズさんは、日本にっぽんからの受賞じゅしょうが11ねんつづいていることについて「日本にっぽんは、世界中せかいじゅう必要ひつようとしている電気でんき製品せいひん自動車じどうしゃつくってきたように、イグ・ノーベルのーべるしょう受賞者じゅしょうしゃ方法ほうほうつけしたのではないか。世界せかいがどうおもっているかはわからないが、わたしはすごいことだとおもう。日本にっぽん研究者けんきゅうしゃがほかのものをコピーするのではなく、独自どくじあたらしいものをかんがえていることをしめしているとおもう」と評価ひょうかしています。

そのうえで、日本にっぽん研究者けんきゅうしゃへのメッセージとして「純粋じゅんすいあたらしいことをためしたいとかんがえるのはすばらしいことで、それがわらえる内容ないようならば、なおのことすばらしい。ずっとつづけていってほしい」とはなしています。

受賞じゅしょうしたほかの研究けんきゅう

イグ・ノーベルのーべるしょうは、「ひとわらわせ、そしてかんがえさせる」、独創的どくそうてきでユニークな研究けんきゅうをたたえるもので10の部門ぶもんおくられました。

このうち、「平和賞へいわしょう」は、オーストラリアの先住民せんじゅうみんアボリジニの管楽器かんがっき日常的にちじょうてき演奏えんそうすることが睡眠時すいみんじ無呼吸むこきゅう症候群しょうこうぐんやひどいいびきの改善かいぜん役立やくだつかどうかを調しらべたスイスやカナダなどの研究けんきゅうグループにおくられました。

経済学けいざいがくしょう」は、ワニと接触せっしょくすることで、ギャンブルにのめり度合どあいがどうわるのかを実験じっけんしたオーストラリアなどの研究者けんきゅうしゃ受賞じゅしょうしています。

自然しぜん科学かがく部門ぶもんでは、「解剖学かいぼうがくしょう」を、なぜ年配ねんぱい男性だんせいみみおおきいのかを医学的いがくてき調しらべたイギリスの研究者けんきゅうしゃ、「医学賞いがくしょう」をチーズがきらいなひとがチーズをどれくらいいやがっているかを最新さいしんのMRIを使つかって脳内のうない様子ようす調しらべたフランスなどの研究けんきゅうグループ、「認識にんしきしょう」を一卵性いちらんせい双生児そうせいじおおくは、写真しゃしんでは自分じぶんたちを見分みわけられないことをあきらかにしたイタリアなどの研究けんきゅうグループが受賞じゅしょうしています。


さらに、アジアからは日本にっぽん以外いがい韓国かんこく研究者けんきゅうしゃが、コーヒーのはいったカップをってうしきにあるいたときにコーヒーがどのように波打なみうつかを解析かいせきした研究けんきゅうで「流体りゅうたい力学りきがくしょう」を受賞じゅしょうしました。