昨シーズンで現役を引退したフィギュアスケートの浅田真央さんがオリンピックで着用した衣装や獲得したメダルなどを集めた展示会が、東京都内で始まりました。


会場には、午前中、浅田真央さん本人が駆けつけ、記念の除幕をしたあと「20年間の選手生活ではたくさんの方々に応援してもらったので、感謝の意味を込めて展示会を開きました。ぜひ楽しんでください」とあいさつしました。

展示会のうち、「心に残る名シーン」と題したコーナーでは、2010年のバンクーバーオリンピックで銀メダルを獲得した際に着た赤と黒の衣装や、15歳の時に有力選手らを抑えて優勝したグランプリファイナルの際の衣装などが並んでいます。

このほか、獲得した数々のメダルや愛用のシューズなどおよそ100点が展示されています。

浅田さんは「衣装などを見ると当時の緊張感や思いがわいてきます」と話していました。

この展示会は、東京・中央区の日本橋高島屋で今月25日まで開かれています。

イージー・ニュース

フィギュアスケートの浅田あさだ真央まおさんの衣装いしょうなどの展示会てんじかい