NYで美術大びじゅつだい学生がくせい防災用ぼうさいようひんなどのデザイン制作せいさく

2017年09月12日 05時37分

NYで美術大学生が防災用品などのデザイン制作
※1 8

アメリカの同時どうじ多発たはつテロ事件じけんから16ねんとなった11にち、ニューヨークにある美術大びじゅつだいがくで、学生がくせいたちがテロや自然しぜん災害さいがいとき役立やくだ防災用ぼうさいようひんなどのデザインをつくみがはじまりました。

このみをはじめたのはニューヨークにある世界せかいトップレベルとされるパーソンズ美術大びじゅつだいがくで、日本にっぽん国際こくさい交流こうりゅう基金ききん防災ぼうさい教育きょういく神戸市こうべしのNPOが協力きょうりょくしています。

初日しょにちの11にちはNPOの永田ながた宏和ひろかず理事長りじちょうが、被災地ひさいち物資ぶっしはいらなかったことを教訓きょうくんに、包帯ほうたいやマスクとして活用かつようできるぬのやギプスのわりになるふくろなどをつくったことを学生がくせいたちに紹介しょうかいしました。

みにはおよそ300にん学生がくせい参加さんかし、今後こんご、ニューヨークでどのようなものが必要ひつようかを調しらべて独自どくじ防災用ぼうさいようひんなどをつくり、来年秋らいねんあき発表はっぴょうすることにしています。
学生がくせいの1にんは「お年寄としよりやどものやくつデザインをかんがえたい」とはなしていました。

ニューヨークでは同時どうじ多発たはつテロ事件じけんだけでなく、ハリケーンなどの被害ひがいけていますが、防災ぼうさい意識いしきかならずしもたかくないとされています。

パーソンズ美術大びじゅつだいがくのロバート・カークブライド准教授じゅんきょうじゅは「災害さいがいからまなび、デザインにかすことは重要じゅうようで、ニューヨークにふさわしいそなえができるようにしていきたい」とはなしていました。