60年前にドイツで製造された二人乗りのクラシックカーを、宮城県岩沼市のバス会社が電気自動車に改造してお披露目しました。


電気自動車に改造されたのは、60年前にドイツで製造された『メッサーシュミットKR200』という二人乗りの小型のクラシックカーです。

貸切バスの運行などを行っている岩沼市の「仙台バス」の猪股正之社長の祖父が昭和30年代に購入し、親子3代にわたって使ってきましたが、ここ数年はガソリンで動くエンジンの老朽化が進み、修理も難しくなったことから電気自動車に改造したということです。

改造では、エンジンとオイルタンクを取り外し、代わりにモーターとリチウムイオン電池を搭載していて、最高速度は、時速およそ80キロ、1回の充電で100キロメートルほどの走行が可能だということです。6日、駐車場で行われたお披露目では、優雅でかわいらしいデザインをそのまま残した姿で静かに走っていました。

猪股社長は「愛着のあるクラシックカーが変わらないそのままの姿で再び走ってくれるのでうれしいです」と話していました。

イージー・ニュース

60年前ねんまえのドイツのくるまあたらしく電気でんき自動車じどうしゃにする