東京・上野動物園でことし6月に5年ぶりに生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの名前について、東京都などは選考委員会で32万件余りの応募の中から8点に候補を絞ったと発表しました。


上野動物園でことし6月に生まれたメスのジャイアントパンダの赤ちゃんの名前について、東京都などが今月10日までの14日間広く募集したところ合わせて32万2581件の応募がありました。

東京都などは30日夜、日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子さんや上野動物園の園長など6人の委員による選考委員会を開きました。
選考委員会は非公開で行われ、応募件数の多かった上位100点の中から、すでにつけられているパンダの名前などを除いたうえで、委員の投票で8点に候補を絞ったということです。
8点の候補の詳しい内容は明らかにできないとしています。

赤ちゃんの名前は8点の候補の中から中国側と調整を行ったうえで東京都が決定し、来月下旬をめどに発表される予定です。