世界で1億8000万人が飲料水得られず ユニセフ推計

2017年08月29日 14時54分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

ユニセフ=国連児童基金は、紛争や政情不安の影響で飲料水を得られない人々が全世界で1億8000万人に上るとする推計を発表し、国際社会に対して早急な対策を取るよう訴えています。

ユニセフは29日、紛争や政情不安に陥っている国々の1億8000万人余りが飲料水を得られていないとする推計を発表しました。

このうち、中東のイエメンでは、2年以上にわたってハディ政権と反体制派による内戦が続いている影響で、主要な都市に水を供給する水道網が破壊され、およそ1500万人が飲料水などを得られていないということです。

また、アサド政権と反政府勢力、それに過激派組織IS=イスラミックステートなどが入り乱れて混乱が続くシリアでもおよそ640万人の子どもを含む1500万人が飲料水にありつけない状態だということです。

このほか、イスラム過激派組織、ボコ・ハラムによるテロや襲撃が相次ぐ西アフリカのナイジェリア北東部では、水の供給施設や処理施設の75%が破壊されるなどして360万人が飲料水を得られていないとしています。

ユニセフは、紛争や政情不安に陥っている国々ではとりわけ子どもたちを守るために、人の生活に不可欠である水が最優先されるべきだとして、国際社会に対して早急な対策を取るよう訴えています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。