和歌わかきざんだ土器どき かな文字もじ裏付うらづけか 山梨やまなし

2017年08月25日 17時40分

和歌を刻んだ土器 かな文字の成り立ち裏付けか 山梨
※1 8

山梨県やまなしけん甲州市こうしゅうしにある平安時代へいあんじだいのものとられる遺跡いせきから、かな文字もじ和歌わかきざまれた土器どきつかり、専門家せんもんかは、かな文字もじが10世紀せいきごろ日本にっぽん使つかわれるようになったことを裏付うらづける貴重きちょう資料しりょうだとはなしています。

和歌わかきざみしょ土器どき」とばれるこの土器どきは、直径ちょっけい12センチほどの素焼すやきのさらに、かな文字もじ和歌わかきざまれています。平安時代へいあんじだい集落しゅうらくあとられる甲州市こうしゅうしの「ケカチ遺跡いせき」で去年きょねんがつ発掘はっくつされ、古代史こだいし日本にっぽん語学ごがくなどの専門家せんもんか解読かいどくなどをすすめていました。

記者会見きしゃかいけんした山梨やまなし県立けんりつ博物館はくぶつかん平川ひらかわみなみ館長かんちょうによりますと、作者さくしゃ不明ふめいですが、「粗末そまつ絹糸きぬいと」を意味いみする「しけいと」という言葉ことばで、ひとひととのはかないつながりが表現ひょうげんされ、恋人こいびとなどにせるおもいをんだうたではないかということです。

かな文字もじは、きの貫之つらゆきの「土佐日記とさにっき」などから、10世紀せいきごろ日本にっぽん使つかわれるようになったというせつ有力ゆうりょくでしたが、今回こんかいつかった土器どきは、それを裏付うらづける貴重きちょう資料しりょうだということです。

平川ひらかわ館長かんちょうは「かなのちの時期じきには有力ゆうりょく仮説かせつはあったが、決定的けっていてき証拠しょうこがなかったので、仮説かせつ裏付うらづける重要じゅうよう資料しりょうになりうる発見はっけんだ。また山梨やまなし発掘はっくつされたことも、かな文字もじ文化ぶんか地方ちほうへのひろがりをしめあらたな発見はっけんになる」とはなしています。