カナダで、13年前になくなったダイヤモンドの指輪が意外な形で持ち主の女性のもとに戻り、話題になっています。


カナダ西部のアルバータ州で暮らす84歳のメアリー・グラムスさんは、13年前、家族で経営する農場でダイヤモンドの指輪をなくしました。

この指輪は、66年前に夫から贈られた婚約指輪で、メアリーさんは農場を隅々まで探したものの見つけることができませんでした。

ところが、今月、夕食用に農場でにんじんを収穫していたメアリーさんの息子の妻が、途中で不自然にくびれたにんじんを掘り出し、土を落としたところ、ダイヤモンドの指輪がはまっていたということです。

メアリーさんは指輪をなくしたことを夫に話すことができず、代わりの指輪をつけていましたが、その夫も5年前に亡くなったということです。

メアリーさんは、このような形で指輪が見つかったことについて「信じられない」と話していて、地元のメディアは「にんじんが指輪を見つけた」と伝えるなど話題になっています。

指輪は、66年前に夫がつけてくれた時と同じようにメアリーさんの薬指にぴったりはまったということです。

イージー・ニュース

カナダ 「はたのにんじんが指輪ゆびわつけた」